藤本和貴夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

藤本 和貴夫(ふじもと わきお、1938年9月19日[1] - )は、日本の歴史学者。専門は西洋近現代史、ロシア史。文学博士(大阪大学)。大阪大学名誉教授。大阪経済法科大学学長。京都市生まれ。

略歴[編集]

  • 1964年 大阪外国語大学ロシア語科卒
  • 1973年 東京大学大学院社会学研究科国際関係論専攻博士課程中退
  • 1973年 大阪大学教養部講師
  • 1976年 同言語文化部助教授
  • 1986年 同教授
  • 1989年 大阪大学 文学博士 「ソヴェト国家形成期の研究 -1917-1921-」
  • 1998年 大阪大学大学院言語文化研究科教授
  • 2002年 大阪大学名誉教授、大阪経済法科大学教授

著作[編集]

単著[編集]

編著[編集]

  • 『ロシア学を学ぶ人のために』(世界思想社、1996年)

共編著[編集]

  • 北原敦木村靖二福井憲彦)『ヨーロッパ近代史再考』(ミネルヴァ書房、1983年)
  • 原暉之)『危機の<社会主義>ソ連――スターリニズムとペレストロイカ』(社会評論社、1991年)
  • (加藤一夫)『ソ連・東欧の体制変動――ドキュメント 1988-1991』(インパクト出版会, 1991年)
  • (木村健治)『言語文化学概論』(大阪大学出版会、1997年)
  • (松原廣志)『ロシア近現代史――ピョートル大帝から現代まで』(ミネルヴァ書房、1999年)
  • 望田幸男・野村達朗・川北稔若尾祐司・阿河雄二郎)『西洋近現代史研究入門(増補改訂版)』(名古屋大学出版会、1999年/第3版, 2006年)

共著[編集]

  • 『日露・日ソ関係200年史』(新時代社、1983年)

翻訳[編集]

  • トロツキー『革命はいかに武装されたか――赤軍建設の記録』<1・2>(現代思潮社、1970・73年)

脚注[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.273
学職
先代:
藤田整
大阪経済法科大学学長

  
2005年 - 2017年

次代:
田畑理一