藤本康太

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
藤本 康太 Football pictogram.svg
名前
愛称 コウタ、フジモン
カタカナ フジモト コウタ
ラテン文字 FUJIMOTO Kota
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1986-04-02) 1986年4月2日(32歳)
出身地 熊本県
身長 177cm
体重 67kg
選手情報
在籍チーム 日本の旗 セレッソ大阪
ポジション MF / DF
背番号 4
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
2005- セレッソ大阪 216 (13)
1. 国内リーグ戦に限る。2018年12月1日現在。
■テンプレート(■ノート ■解説■サッカー選手pj

藤本 康太(ふじもと こうた、1986年4月2日 - )は、熊本県出身のプロサッカー選手Jリーグセレッソ大阪所属。ポジションはミッドフィールダーディフェンダー。実弟は同じくサッカー選手の藤本大

来歴[編集]

セレッソ大阪にはボランチとして入団したが、当初は主に右ウイングバックや、サイドバックとして出場。

2005年の優勝がかかった最終節では出場停止になったブルーノ・クアドロスに代わり出場した。

2006年のJ1第19節・対京都戦でJ初得点を決めると、以降4戦連続ゴールを記録した。

2009年シーズンは第3クールに中盤の底(アンカー)のレギュラーを獲得した。

2010年シーズンは先発としてはなかなか出場機会に恵まれなかったものの、CBやアンカー等、守備固めとして試合終盤に投入され、貴重な守備の切り札として役割を果たした。ナビスコカップ第5節では、交代枠を使い切った後に退場処分を受けたキム・ジンヒョンに代わり、急遽GKを務めた。

2011年シーズンも引き続き先発出場の機会には恵まれなかったが、ACL大阪ダービーでの堅守など、守備陣のバックアップメンバーとして、また、得点源として活躍した。

2012年シーズンはキャプテンを務めたが、2014年以降は負傷が多く年間を通じて試合に出場することがなくなっている。

人物・エピソード[編集]

  • オフシーズンは乾貴士と過ごすことが多い[1]

所属クラブ[編集]

ユース経歴
プロ経歴

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 リーグ杯天皇杯 期間通算
2005 C大阪 26 J1 7 0 0 0 1 0 8 0
2006 14 4 4 0 0 0 18 4
2007 4 J2 18 1 - 0 0 18 1
2008 14 1 - 2 0 16 1
2009 27 4 - 1 0 28 4
2010 J1 17 0 5 0 2 0 24 0
2011 19 2 1 0 3 0 23 2
2012 32 0 8 2 2 1 42 3
2013 28 0 5 0 2 0 35 0
2014 17 1 0 0 3 1 20 2
2015 J2 0 0 - 0 0 0 0
2016 17 0 - 2 0 19 0
2017 J1 3 0 7 1 3 0 13 1
2018 3 0 0 0 0 0 3 0
2019
通算 日本 J1 140 7 30 3 16 2 186 12
日本 J2 76 6 - 5 0 81 6
総通算 216 13 30 2 21 2 267 18
国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 期間通算
出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 期間通算
2016 C大23 4 J3 2 0 2 0
2018 1 0 1 0
通算 日本 J3 3 0 3 0
総通算 3 0 3 0

その他公式戦

国際大会個人成績
年度 クラブ 背番号 出場 得点
AFCACL
2011 C大阪 4 6 0
2014 4 0
2018 0 0
通算 AFC 10 0

代表歴[編集]

  • 2004年 U-18日本代表
  • 2005年 U-20日本代表 (チーム事情により辞退)
  • 2006年 U-21日本代表

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ エル・ゴラッソJリーグプレーヤーズガイド2017(スクアッド)p99

関連項目[編集]