藤本正行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

藤本 正行(ふじもと まさゆき、1948年[1] - )は、日本歴史学者。専門は日本軍事史・風俗史[1]

略歴[編集]

東京都生まれ。慶應義塾大学文学部史学科卒業[1]千葉大学東京都立大学非常勤講師などを歴任。2003年、株式会社彩陽代表取締役。2014年、國學院大學兼任講師[1]。軍事・武具・絵画などの研究にもとづく歴史研究結果の著書多数。

武功夜話』が偽書だとする説を唱えている。

著書[編集]

  • 『これが忍術だ 空中を跳び、水上を走る 秘伝のすべて』(ベストセラーズ ワニの豆本 1978年)
  • 『信長の戦国軍事学 戦術家・織田信長の実像』(JICC出版局、1993年)
  • 『戦国合戦・本当はこうだった 逆転の日本史』(洋泉社、1997年)
  • 『戦国合戦の常識が変わる本』(洋泉社、1999年)
  • 『鎧をまとう人びと 合戦・甲冑・絵画の手びき』(吉川弘文館、2000年)
  • 武田信玄像の謎』(吉川弘文館・歴史文化ライブラリー、2006年)
  • 『信長の戦い(1)桶狭間・信長の「奇襲神話」は嘘だった』(洋泉社、2008年)
  • 長篠の戦い 信長の勝因・勝頼の敗因』(洋泉社、2010年)
  • 本能寺の変 信長の油断・光秀の殺意』(洋泉社、2010年)
  • 『再検証長篠の戦い―「合戦論争」の批判に答える―』(洋泉社、 2015年)
共著
  • 鈴木眞哉〉『偽書「武功夜話」の研究』(洋泉社、2002年)
  • 〈鈴木眞哉〉『信長は謀略で殺されたのか―本能寺の変・謀略説を嗤う―』(洋泉社、2006年)

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]