藤本義一"聞きすて御免"

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

藤本義一"聞きすて御免"』(ふじもとぎいち ききすてごめん)は、1985年から2007年3月30日まで放送された、作家藤本義一パーソナリティを務める5分のラジオ番組TBSラジオの制作によりJRN加盟7局ネットで平日に放送されていた。ネット局向けの裏送り番組であるため、制作局のTBSラジオでは放送されなかった。

最初の半年は『藤本義一の"男が切れ味・かくし味"』として放送されていた。

後継番組は『藤本義一"ここがおかしい"』(局により「義一のジャーナルJAPAN」とされているが、内容は同じ)。

概要[編集]

出演者は藤本ただ一人。日替わり、または週代わりのテーマに沿ったトークを、薀蓄たっぷりに展開した。テーマは社会都市歴史民俗風俗食文化、その季節の話題など森羅万象に及び、藤本が贔屓する阪神タイガースの話もあった。かなり際どい話が飛び出すことも少なくなかった。

語り口は講演の様であり、落語の様でもあった。口癖は「えー今週はですね、……についてでありますがー」「……な訳で○○でありますなー」「……と、こういう風に考えるわけであります」。

番組の最初に藤本の一人しゃべりがあり、その後に主題歌が流れ、タイトルコールとなった。オープニングの長さがその日によって違っていた。

主題歌[編集]

主題歌はラーセン・フェイトン・バンドの「ファーザー・ノーティス」。この曲はアルバム(CD)にも入っているが、番組で使用している音源はレコードなので、同じ録音・アレンジかどうかは不明。

ネット局[編集]

放送時間は全国各地で異なり、時間帯も流動的であった。

放送終了時のネット局[編集]

その他[編集]

  • 北海道放送(HBC) - 2001年、2002年の11:26 - に放送していた。
  • 山梨放送(YBS) - 長年にわたり午前11時台にネットを行っていたが、2002年3月に自社製作ワイド番組放送開始に伴い打ち切り。
  • 中部日本放送(CBC) - 6:30 - にネット。
  • 和歌山放送(WBS) - かつてナイターオフにネットを行っていた。
  • 山陽放送(RSK) - 1995年ごろに16:50、2005年9月30日まで17:56 - にネットを行っていた。
  • 山口放送(KRY) - 11:55 - にネット。
  • 四国放送(JRT) - ナイターオフの18:35 - にネット。
  • 大分放送(OBS) - 16:00にネット、2003年11月~2004年3月のナイターオフに18:15 - に放送していた。
  • 琉球放送(RBC)