藤村正之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

藤村 正之(ふじむら まさゆき、1957年 - )は日本の社会学者上智大学副学長・教授。福祉社会学会会長、関東社会学会会長、日本社会学理論学会副会長等を歴任。

人物[編集]

岩手県盛岡市生まれ。1980年一橋大学社会学部卒業、1986年筑波大学大学院社会科学研究科博士課程単位取得満期退学[1]

1986年東京都立大学人文学部助手、1989年武蔵大学人文学部講師、1991年同助教授、1997年同教授、2002年上智大学文学部教授、2005年上智大学総合人間科学部社会学科教授、2014年上智大学副学長(学務担当)[2]

福祉社会学などの研究を行い、福祉社会学会会長[3]や、日本社会学会理事、関東社会学会会長[4]、日本社会学理論学会副会長等も務める。

単著[編集]

脚注[編集]

  1. ^ [1]上智大学
  2. ^ 「著者紹介」『考えるヒント 方法としての社会学 現代社会学ライブラリー 』弘文堂 、2014年07月
  3. ^ [2]
  4. ^ [3]