藤林温子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ふじばやし あつこ
藤林 温子
プロフィール
出身地 日本の旗 日本 福井県あわら市
生年月日 (1992-10-16) 1992年10月16日(27歳)
最終学歴 法政大学理工学部
勤務局 毎日放送
活動期間 2015年 -
出演番組・活動
出演中 ミント!
せやねん!
上泉雄一のええなぁ!
出演経歴 ちちんぷいぷい
ケンゴローサーカス団 → ケンゴロー
アナウンサー: テンプレート - カテゴリ

藤林 温子(ふじばやし あつこ、1992年10月16日 - )は、毎日放送(MBS)のアナウンサー

経歴[編集]

福井県あわら市(旧・金津町)の出身で、ニックネームは「ぬっく」「アッコ」「ベジちゃん」「あってぃ」「ばやし」「あっちゃん」「温林藤子 (あつばやし・ふじこ)」など。

あわら市金津小学校福井大学教育学部附属中学校北陸高校を経て、法政大学理工学部機械工学科へ進学。大学卒業後の2015年に、アナウンサーとして毎日放送へ入社した。同期入社のアナウンサーに、森本尚太玉巻映美がいる。

毎日放送への入社直後は、新人研修の一環として、同期入社の社員14名と共に『痛快!明石家電視台』(MBSテレビ)の「MBSアナウンサー大集合2015」を見学。その模様が2015年5月4日放送分のオープニングで紹介されたことから、玉巻・森本と共に事実上の「番組デビュー」を果たした[1]。また、同年7月15日水曜日)には、浴衣姿で玉巻・森本と共に『ちちんぷいぷい』(MBSテレビ)へ初出演[2]。同番組で「ちちんぷいぷい2015 話したくなる夏」(期間限定の特別企画シリーズ)を放送していた同年8月には、玉巻・森本と交互に、「子どももしかめ選手権」(生中継による小学生向けのけん玉タイムトライアル企画)の進行役などを務めた。

2015年10月からは、『ちちんぷいぷい』の月曜日で、「藤林温子の連続たまご紀行」(VTRロケコーナー)を担当。同期の森本・玉巻より先に、テレビ番組でのレギュラー出演を果たした。さらに、11月24日から期間限定で展開された「ラッキーパン大作戦」(レギュラーアナウンサーで先輩の大吉洋平福島暢啓豊崎由里絵ヤマザキパンによるコラボレーション企画)では、市川義一女と男)と共に「宣伝部員」を務めた。

2016年には、選抜高等学校野球大会期間中のダイジェスト番組『みんなの甲子園』(MBSテレビ)で、玉巻と交互にキャスター・赤星憲広のアシスタントを担当。さらに、MBSテレビで4月から『ケンゴローサーカス団』(8月2日放送分から「ケンゴロー」に改題)が始まったことを機に、同番組の進行役兼ナレーターに抜擢された。

大学時代に機械工学を専攻していたことから、理系の話題を『ちちんぷいぷい』や特別番組で扱う場合に、進行役やリポーターを随時担当している。2017年10月5日から2019年3月21日までは、『ちちんぷいぷい』の木曜日で、全編のアシスタントと「こつこつのコツ」(16時台後半のVTRロケコーナー)のリポーターを兼務。2018年1月からは、福井県の「ふくいブランド大使」としても活動している[3]

2019年からは、高校野球に加えて、阪神タイガース関連の取材リポートも定期的に担当。毎日放送が同年の日本プロ野球シーズン中に「タイガース全力応援宣言 ぶち破れ!MBSがヤル」(阪神の応援キャンペーン)を展開することに伴って、先輩のスポーツアナウンサー・井上雅雄や『MBSベースボールパーク』(毎日放送がテレビ・ラジオで放送するプロ野球中継)のフィールドキャスター・狩野恵輔(元・阪神捕手および外野手)と共にキャンペーンキャラクターを務める。4月8日以降の月曜日には、『上泉雄一のええなぁ!』への生出演と並行しながら、担当コーナーの合間に『ミント!』(放送時間が重なるMBSテレビの総合情報番組)で「ぶち破れ!私、藤林虎子になります!!」(阪神ファンの目線による企画コーナー)も担当している。

人物・エピソード[編集]

  • 実父は麻酔科医で、福井県内の大学病院に勤務。藤林自身も、医療ドラマサウンドトラックを愛聴している[4]
  • 福井県内で過ごした学生時代から、アナウンサーになることを志望。「『女性アナウンサーの出身学科としては異色』と見られそうな学科にあえて身を置きながらアナウンサーを目指したい」という思いから、放送局のアナウンサーに採用されなかった場合の進路も視野に入れつつ、法政大学理工学部の機械工学科を進学先に選んだという。日本科学未来館へ10回以上足を運ぶなど、学生時代から科学館を頻繁に訪問[5]家電製品への関心も高く、大学時代には、食材に満遍なく焼き色を付けられるようなトースターの研究に取り組んでいた[6]。家電製品に故障をもたらした部品を特定する目的で、洗濯機などの製品を自力で分解したこともある[7]
  • を使った料理全般や、名前に「~茶」と付く飲み物・スイーツが好物。『ちちんぷいぷい』で初めて担当したレギュラーコーナー「連続たまご紀行」や、毎日放送公式サイトアナウンサーページ内へ最初に設けた公式ブログ『ほっとくつろぐ温茶時間(あってぃたいむ)』というタイトルは、このような嗜好に由来している。
  • 特技は、幼少期から15年間にわたってレッスンを受けてきたモダンバレエ[8]、大学時代に学業の一環で経験した溶接[2]うつ伏せの体勢から右足だけで座布団を回すこと。座布団回しについては、うつ伏せで本を読んだりテレビのリモコンを操作したりしながら、最長で1時間ほど続けられるという。2016年9月12日の『痛快!明石家電視台』で放送された「MBSアナウンサー大集合スペシャル第2弾」では、明石家さんまなどのレギュラー陣や大勢の先輩アナウンサーを前に、自前の座布団を使ってこの特技をテレビ番組で初めて披露した[9][10]。その一方で、バッティングセンターボクシングジムストレスの解消を図ることもあるという。
  • 出生から高校時代までを福井県内、大学時代を東京で過ごしたことから、毎日放送への入社を機に初めて関西地方で生活している[11]。入社後の2016年1月9日には、同局および「年女(24歳)」の代表として、今宮戎神社大阪市浪速区)の宝恵駕籠(ほえかご)行列で玉巻と共に宝恵駕籠への搭乗を経験した[12]
  • 他局の同期アナウンサーでは、諸國沙代子読売テレビ)や上村彩子TBSテレビ)と仲がいい。
  • 2017年頃からは、テレビ・ラジオ番組へのレギュラー出演と並行しながら、自身が登場しない番組でナレーターを務める機会も多い。ナレーションを担当した同年5月31日放送の『僕が舞台を降りる日~芸人解散ドキュメント~』(松竹芸能所属の漫才コンビ「カブレラ」が芸歴11年目の同年3月に解散を決意するまでの日々に密着したドキュメンタリー)は、第55回(2017年度上半期)ギャラクシー賞・テレビ部門の奨励賞を受賞した[13]
  • 2017年10月からは、前月限りで退社した先輩アナウンサー・前田阿希子の後任扱いで、『上泉雄一のええなぁ!』(MBSラジオ)月曜日のコーナー進行(16時前後の「知ってええなぁ!ちなみNEWS」および16時台後半の「お父さんのためのトレンディ講座」)を担当。2018年4月から2019年3月までは、「にっぽん昔ばなし」(かつて毎日放送が制作や放送に携わった『まんが日本昔ばなし』のオープニングテーマ)「崖の上のポニョ」「地上の星」「亜麻色の髪の乙女」「ultra soul」「時代」「ラスト・クリスマス」「366日」「ハイサイおじさん」をカラオケで歌った際の収録音源を、「トレンディ講座」直前のジングルに相次いで用いていた。
  • 2019年6月、G20大阪の取材時、(高級ホテル前の路上で)得意芸の「座布団回し」を披露。
  • 2019年10月、お笑いの殿堂なんばグランド花月の舞台で「座布団回し芸」で笑いをとる(特別興行「せやねん!寄席)
  • ストレス発散、エネルギー充電は、番組スタッフと行く「バッティングセンター」と「廻らない寿司」。

出演番組[編集]

現在[編集]

  • MBSニュース(テレビ・ラジオとも)
    • 2017年10月から2019年3月までは、月曜深夜~火曜早朝の宿直勤務を定期的に担当[14]

テレビ[編集]

  • せやねん!(2019年4月6日 - )「あっこいこ!」(午前の部コーナー)
    • 2019年3月30日放送分まで玉巻が担当していた「どこいこ?」(グルメ紹介コーナー)のプレゼンターを継承。藤林が担当するにあたり、「温子」と「あそこ」とを掛けてコーナー名が改められた。
    • 2019年10月12日の『18年と181日のご愛顧におこたえして せやねん!大還元まつり』(7時間半の生放送による特別番組)では、自身と同時にレギュラー陣へ加わった先輩アナウンサー・山中真と共に、よしもと新喜劇とのコラボレーション企画(なんばグランド花月で事前収録)に本名で出演。「アナウンサーなのに早口言葉で口が回らない」という設定からの流れで、新喜劇の座員や観客を前に座布団回しを披露した。
  • ミント! 月・水曜日→木曜日(2019年4月8日 - )
    • プロ野球シーズン中(年度上半期)の月曜日には、『上泉雄一のええなぁ!』への出演を続けながら、「ぶち破れ! 私、藤林虎子になります!!」の取材リポートと進行を担当。このコーナーが16時台の前半に放送される場合には、同番組を中座する(詳細後述)。
    • 「藤林虎子」名義での出演とは別に、水曜日(2019年度上半期)→木曜日(同年度下半期)には、16時台の前半に放送する特集のリポーターを本名で担当。
  • MBSベースボールパーク(2019年 - )
    • 阪神主催のデーゲーム(主に週末の甲子園球場開催分)を中継する場合に、「ぶち破れ! 私、藤林虎子になります!!」との連動企画で、「藤林温子の温(オン)タイム」(中継のイニング間に放送される取材報告・インフォメーションコーナー)を担当。
  • 痛快!明石家電視台 - 2016年からは、「MBSアナウンサー大集合スペシャル」を放送する場合に、アナウンサーの1人として参加。
  • みんなの甲子園 - 2016年から玉巻、2018年には森本尚太を加えた3人、2019年には単独でアシスタントを担当。
  • 大阪マラソン中継 - 2016年の第6回大会から、MBSテレビ制作分の中継で、森本尚太と共に沿道リポートを担当。
  • dai-docoro☆ベジタ!(2017年10月1日 - 、毎週日曜日11:40 - 11:45)
    • 鈴木浩治(シェフ)・関宏美(野菜ソムリエ)出演の料理番組(ダイエー神戸三宮店での収録番組)で、「ベジタくん」というアニメキャラクターの声(ナレーター)で出演。
  • あさチャン!TBSテレビ制作の全国ネット番組)
    • 2016年12月30日金曜日)放送分の「あさチャン!天気」(天気予報コーナー)および「列島中継」で、毎日放送のサービスエリア・京都市内からの全国向け生中継[15]へリポーターとして登場。テレビ・ラジオを通じての全国ネット番組デビューを果たした。以降も、サービスエリア内の関西地方から生中継を実施する場合には、リポーターを務めている。2017年5月1日月曜日)には、通天閣近辺のロケでぐでたまダンスを踊った映像が、TBS系列局アナウンサーによるゴールデンウィーク特別企画の第1弾として放送された[16]
    • 2017年10月から2019年3月までは、月曜深夜からの宿直勤務の一環で、『MBS NEWS』の火曜内包分を定期的に担当していた。
  • 吉本陸上競技会 (2016年および2019年 - ) - フィールドリポーターと場内アナウンスを担当。
  • コトノハ図鑑(不定期) - 2018年4月28日に放送されたパイロット版では、森本尚太・玉巻と共に進行役を任された。同年7月のレギュラー化以降も、出演の機会が多い。
  • オールザッツ漫才(2018年 - 、アシスタント)

ラジオ[編集]

  • 上泉雄一のええなぁ!2016年4月 - )
    • 当初は水・木曜日のみ、玉巻などの同僚アナウンサーと交互に、「知ってええなぁ!ちなみNEWS」(16時台前半)を進行。木曜日に出演した場合には、「発令!テンション下がる注意報」(16時台後半)の進行役も務めた。2017年4月からは、玉巻と交互に、隔週金曜日の「知ってええなぁ!ちなみNEWS」も担当。2017年10月2日からは、出演日を毎週月曜日へ集約させるとともに、同コーナーと「お父さんのためのトレンディ講座」(16時台後半:2019年3月25日で終了)の進行役を務めた。
    • 2019年1月7日からは、前年まで上泉と月曜パートナー・金村義明(MBSラジオ野球解説者)だけで進行していた「週刊カネスポ」(17時台前半)にも出演。2019年度のプロ野球シーズンには、『ミント!』の16時台前半で「ぶち破れ!私、藤林虎子になります!!」(前述)を放送する場合に、「知ってええなぁ!ちなみNEWS」と「週刊カネスポ」の合間を縫う格好で『ミント!』に出演していた。
    • レギュラー陣へ加わる前の2015年9月14日(月曜日)放送分にも、「オヤジ向上委員会」(16時台後半のコーナー)の進行を担当していた当時の先輩アナウンサー・前田阿希子が夏季休暇で休演したことから、玉巻と共に同コーナーへ出演。2017年4月10日(月曜日)放送分では、休暇を取得していた前田に代わって、「知ってええなぁ!ちなみNEWS」「オヤジ向上委員会」の進行を担当した[17]
    • 2017年度以降は、上泉の夏季休暇中の月曜日に、『藤林温子のええなぁ!』と改題したうえでパーソナリティ代理を務めている。2019年度(9月9日放送分)については、『ミント!』への生出演で中座した時間帯の進行を仙田和吉(新人時代から懇意にしている先輩のスポーツアナウンサー)に委ねた関係で、『藤林温子と仙田和吉のええなぁ!』というタイトルで放送。
  • MBSラジオ演芸 ヤングスネーク杯(芸歴5年以内のお笑い芸人を対象にした演芸コンテスト) - 2016年の第5回大会から、笑い飯と共に司会を担当。
  • MBSベースボールパークシリーズ(2019年度から随時出演)
    • ナイターイン期間中に編成される『MBSベースボールパーク番外編』(日本プロ野球でナイトゲームの開催が最初から予定されていない日の特別番組)では、前述した「ぶち破れ! 私、藤林虎子になります!!」からのスピンオフ企画として、「私、藤林虎子が電話します!!」(女性の阪神ファンと電話をつなぐ応援コーナー)を放送する場合に登場する。
    • セ・パ交流戦期間中の2019年6月10日から16日にかけて設定された「MBSラジオ スペシャルウィーク」では、「タイガース全力応援宣言 - 」キャンペーンの一環で、「藤林虎子のミートボールパークへようこそ!」(阪神戦の中継や『番外編』『亀山つとむのスポーツマンデー!』内で実施されるリスナーへの牛肉プレゼント企画)のプレゼンターを担当。期間中の6月11日(火曜日)に福岡ヤフオク!ドームから放送された福岡ソフトバンクホークス対阪神のナイトゲーム中継(実況:井上雅雄、解説:金村、フィールドキャスター:狩野)では、阪神監督の矢野燿大に対する試合前取材の報告や上記企画の告知を兼ねて、同ドームの放送席からラジオのプロ野球中継に初めて出演した。

以下の番組にはいずれも、不定期で出演。

  • 松井愛のすこ~し愛して♥
    • 通常は、シフト勤務の一環で、番組内の「MBSニュース」(主に11時台)を随時担当する。
    • 先輩アナウンサーでもある松井愛が夏季休暇に入っていた2016年8月11日木曜日山の日)には、『藤林温子のすこ〜し愛して♥』というタイトルで、松井に代わってパーソナリティを務めた。藤林がラジオ番組でパーソナリティを任されるのは、毎日放送への入社後初めてであった。以降も、松井の夏季休暇期間中に、パーソナリティ代理を随時担当。
  • ヤングタウン日曜日
    • アシスタントを務める先輩アナウンサーの福島が休演する場合に、アシスタント代理として出演。
  • あどりぶラヂオ
    • 2018年5月16日から、水曜日に不定期で放送される「アツコの知りたい世界」(事前収録によるワンマンDJ形式の冠コーナー)を担当。2019年1月4日放送分の「MBSアナウンサースペシャル」(アナウンサーによるパーソナリティリレー企画)にも出演した。同年3月1日放送分で、全編(生放送パート)のパーソナリティを初めて担当。
  • 子守康範 朝からてんコモリ!
    • 通常は、シフト勤務の一環で、番組内の『MBSニュース』を随時担当。2019年の夏季からは、本来のアシスタントが休演する場合に、アシスタント代理を務めることがある[18]

過去[編集]

テレビ[編集]

  • ケンゴローサーカス団 → ケンゴロー
    • 『ケンゴローサーカス団』時代は、スタジオ進行(アシスタント)とナレーターを兼務。オールロケで収録した内容を放送する場合には、ロケに同行せず、ナレーションに専念することがあった。
    • オールロケ形式へ移行した『ケンゴロー』では、玉巻と交互にロケの進行役を担当。しかし、ロケを収録する月曜日の夕方に『ちちんぷいぷい』で上記コーナーのスタジオ進行・報告を担当している関係で、実際にはロケに登場する頻度が少なかった。
  • ガンバ大阪・新スタジアムこけら落とし生特番!~4万人と一緒に魅力大発見スペシャル~(2016年2月14日、スタジアムリポーター)
    • この日のPANASONIC CUP(Jリーグプレシーズンマッチ・ガンバ大阪対名古屋グランパスエイト戦)から本格的に運用を開始した市立吹田サッカースタジアムの紹介と、試合のダイジェストを兼ねた特別番組。
  • ちちんぷいぷい
    • 前述した「連続たまご紀行」(2016年5月から2017年までは「朝ごはん食べよッ!」)に加えて、特別企画にも随時出演。2017年の「ぷいぷい夏のスペシャルウィーク」期間中(7月31日 - 8月4日)の放送では、毎日放送本社のM館1階で開催の公開イベント「ちちんぷいぷい ひやガーデン」会場からの生中継リポートを、5日間にわたって担当した。
    • 2016年10月10日(月曜日・体育の日)放送分では、「朝ごはん食べよッ!」を休止する一方で、びわ湖バレイ滋賀県)からの生中継リポートに臨んだ。テレビ番組の生中継でリポーターを務めたのは初めてで、以降の放送でも、情報系の取材(主にVTRリポート)を随時担当。2017年には、1月から3月まで「水曜生中継」のリポーターを月に1回[19]担当した後に、4月から9月まで毎週「月曜からハッピー生中継」のリポーターを務めた[20]
    • 2017年5月以降の水曜日には、本来のアシスタントである豊崎がスタジオへ登場できない場合に、アシスタント代理として全編に出演することがある。同年10月5日以降は、番組開始以来(2度の産前産後休暇をはさんで)18年間出演してきた先輩アナウンサー・古川圭子の後任として、木曜日のアシスタントをレギュラーで担当。「こつこつのコツ」(16時台後半のロケコーナー)のリポーター・VTRナレーターや、不定期で放送される「南光さんと美術館にいこう!」のナレーター(2018年2月以降)も兼務していた。
    • 実家のあるあわら市が平成30年豪雪に見舞われていた2018年2月11日には、豪雪取材の一環で、自身の幼少期を知る同市在住の関係者などを相次いで訪問。自身がアシスタントを務める同月15日放送分では、「こつこつのコツ」を休止したうえで、その模様を自ら紹介した。
    • 『ちちんぷいぷい』の再編や「こつこつのコツ」の終了などに伴って、2019年3月21日放送分でアシスタントを降板。同月4月4日放送分からは、古川が再び木曜日のアシスタントを務める。ただし、降板後も報道系の生中継や、ロケ企画のリポーターとして出演することがある。
  • 僕が舞台を降りる日~芸人解散ドキュメント~(2017年5月31日、ナレーター)
  • ツウぶってる芸能人はリアル通?芸能界スッカスカ博覧会(2017年9月26日、アシスタント兼リポーター)
    • MBSテレビ・TBS系全国ネットの特別番組で、『ケンゴローサーカス団』に続いて、MCの浜田雅功ダウンタウン)と共演した。「京都通芸能人」の1人として出演した西村和彦の京都ロケにも同行。
  • 選抜高等学校野球大会 - 2017年(第89回大会)と2018年(第90回大会)の決勝戦テレビ中継において、阪神甲子園球場アルプススタンドからの応援リポートを担当。
  • 神戸コレクション(2018年8月 - 2019年3月、敦士ジャングルポケットと共にMCを担当)
    • 2018年8月25日開催の『2018 AUTUMN/WINTER』から、2019年3月3日開催の『2019 SPRING/SUMMER』までMCに起用。

ラジオ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ gooTV『痛快!明石家電視台』2015年5月4日放送回オープニングを参照。
  2. ^ a b MBS新人アナはリケジョ 溶接が特技(『デイリースポーツ2015年7月16日付記事)
  3. ^ 「ふくいブランド大使」への登録後に藤林のInstagram公式アカウント上で公開された動画を参照
  4. ^ パーソナリティと選曲を担当した『あどりぶラヂオ』2019年1月3日深夜(4日未明)放送分のオンエアリストなどを参照。
  5. ^ 2017年5月18日にMBSラジオで放送された『藤林温子の5月18日はじまりました』より
  6. ^ 長身モデル級から芸達者、モンチッチまで “流出”が心配? 今年の在阪TV局新人アナは多士済々(『産経WEST2015年9月3日付記事)
  7. ^ 2016年10月31日放送分『ちちんぷいぷい』
  8. ^ 2016年7月27日にMBSラジオで放送された『福島のぶひろの、どうぞお構いなく。』より
  9. ^ 自身のtwitter公式アカウントから発信された予告ツイート
  10. ^ gooTV『痛快!明石家電視台』2016年9月12日放送回オープニング
  11. ^ MBS新人アナぷいぷいでデビュー 緊張の初会見で抱負述べる(『THE PAGE』2015年7月15日付記事)
  12. ^ 『ほっとくつろぐ温茶時間』2016年1月12日付記事「宝恵駕籠行列」
  13. ^ 放送批評懇談会 ギャラクシー賞第55回奨励賞受賞作品
  14. ^ 2017年9月までは金曜深夜~土曜早朝を担当していたが、『上泉雄一のええなぁ!』月曜日へのレギュラー出演開始を機に、同番組から続いて宿直勤務に入れるように変更。
  15. ^ 自身のtwitter公式アカウントから発信された予告ツイートを参照。
  16. ^ MBSアナブログ 藤林温子オフィシャルブログ2017年4月30日付記事「ぷ~よぷ~よ♪ぷるるん・・・」を参照
  17. ^ 『ちちんぷいぷい』月曜日の17時台で当時担当していた「朝ごはん食べよっ!」を企画の変更によって休止したことから、代演が実現した。
  18. ^ 2019年8月13日火曜日)に、本来の月・火曜アシスタントである古川の夏季休暇に伴って、アシスタント代理を初めて担当。
  19. ^ 先輩アナウンサーの河田直也が担当しない週に、月1回のペースで出演。
  20. ^ 「朝ごはん食べよッ!」の後継企画として、「水曜生中継」の放送枠を月曜日へ移動したうえで、河田に代わって毎週リポーターを担当。
  21. ^ 2016年度からナイターオフ期間限定で放送されている生ワイド番組で、初年度のアシスタントは、当時の先輩アナウンサーだった前田阿希子。パーソナリティのメッセンジャーあいはらとは、2017年に『藤林温子のすこ~し愛して♥』で共演している。