藤枝総合運動公園サッカー場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
藤枝総合運動公園サッカー場
藤枝総合運動公園サッカー場
藤枝総合運動公園サッカー場の位置(静岡県内)
藤枝総合運動公園サッカー場
施設情報
所在地 静岡県藤枝市原100[1]
位置 北緯34度52分53.29秒 東経138度13分57.95秒 / 北緯34.8814694度 東経138.2327639度 / 34.8814694; 138.2327639座標: 北緯34度52分53.29秒 東経138度13分57.95秒 / 北緯34.8814694度 東経138.2327639度 / 34.8814694; 138.2327639
開場 2002年5月
所有者 藤枝市
運用者 藤枝市サッカー協会グループ
グラウンド 天然芝
ピッチサイズ 105 m × 68 m
照明 3基
大型映像装置 なし
使用チーム、大会
藤枝MYFC(Jリーグ)
高円宮杯U-18サッカーリーグ プリンスリーグ東海
静岡県サッカー選手権大会
収容能力
13,000人[2]
アクセス
該当項目参照

藤枝総合運動公園サッカー場(ふじえだそうごううんどうこうえんサッカーじょう)は静岡県藤枝市の藤枝総合運動公園内にあるサッカー専用のスタジアムである。施設は藤枝市が所有し、藤枝市サッカー協会グループが指定管理者として運営管理を行っている。

概要[編集]

2002年5月に完成。2002 FIFAワールドカップセネガル代表のキャンプ地として使用された(藤枝市民グラウンド球技場と併催)。

2003年9月開催の第58回国民体育大会(NEW!!わかふじ国体)のサッカー競技の主会場としても使用された。

2012年6月、藤枝MYFCはJリーグ基準を満たすためのスタジアム改修の要望書および55,116人分の署名を藤枝市に提出した[3]

施設概要[編集]

  • 敷地面積:28,000m2[2]
  • グラウンド:ティフトン芝[2]
  • 収容人員:13,000人(メインスタンド(屋根付)5,100人、芝生席7,300人、立見席600人)[2]
  • 電光掲示板
  • 照明設備:3基(最大1,000ルクス、メインスタンドは屋根にインサート。バックスタンドは鉄塔式2基)

施設改善工事について[編集]

現状当スタジアムは13000人収容となっているが、固定座席がJ3基準の5100席(メインスタンド)のみで、Jリーグではバックスタンドとゴール裏芝生席については観客席としてはみなしておらず、バック・ゴール裏スタンドの固定席化、客席を屋根で覆うこと、大型ビジョンの設置などがまだ充足されていない[4]

加えて照明塔の最大照度が1000ルクスであり、J2リーグ以上に昇格するに必要な照度1500ルクスには満たしていない。また2022年6月までにJ3リーグのスタジアムにおいても1500ルクス以上を充足しなければJリーグクラブライセンス制度に基づくホームスタジアムとして認められず、JFL以下への強制降格となる可能性がある[5]

これらについては2019年に申請が受け付けられた2020年のライセンス以後、「既存施設のJリーグライセンス基準充足工事(改修・改築)を(上位リーグ昇格最初のシーズンから数えて)3年以内で完成させる」条件付きによる上位ライセンス発給のための猶予特例処置が設けられているが、照明塔についてはこの猶予特例処置の対象とはなっていない。これを受けて藤枝市2019年6月の市議会定例会で、照明をLED化し、1500ルクス以上のライセンス基準を充足できるようにするために9月の補正予算で1億円をかけて組む方針を固めた[4]

2020年6月、藤枝MYFCは同サッカー場の改修工事を行う前提でJ2ライセンス申請を行った[6]。藤枝市はJ2昇格に必要とされる座席1万人分を確保するためのバックスタンド・ゴール裏スタンドの改築などの調査費用を2020年度市予算に計上しており[7]、上記による上位ライセンス発給のための特例適用を申請しており、同年9月の審査発表で、それの適用が認められてJ2ライセンス交付が決定した[8]

アクセス[編集]

  • 最寄りの鉄道駅である藤枝駅から5km以上離れている。

バス[編集]

自動車[編集]

  • 藤枝総合運動公園内に1400台の駐車場あり。[10]

公園内その他の施設[編集]

  • 藤枝総合運動公園陸上競技場
  • グラウンドゴルフ場
  • 多目的広場・湖畔の広場
  • スケートパーク場
  • 野球場

エピソード[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

関連項目[編集]