藤森兼明

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

藤森 兼明(ふじもり かねあき、1935年 - )は、日本洋画家富山県砺波市出身。

日展内閣総理大臣賞芸術院賞受賞。日展副理事長、光風会副理事長(常務理事)、金沢美術工芸大学非常勤講師、日本芸術院会員。

略歴[編集]

  • 1935年 - 富山県砺波市庄川町に生まれる。
  • 1958年 - 金沢美術工芸大学洋画科卒業。高光一也に師事。大学在学中の1952年に日展初入選。
  • 1980年 - 第12回日展・特選(洋画)受賞[1]
  • 1984年 - 第16回日展・特選(洋画)受賞[1]
  • 1996年 - 日展会員となる。
  • 2001年 - 第33回日展にて日展会員賞受賞[2]
  • 2002年 - 紺綬褒章受章。
  • 2004年 - 第36回日展にて内閣総理大臣賞受賞[3]。作品 : 「アドレーション・デミトリオス」。
  • 2007年 - 第39回日展に「アドレーション・サンビターレ」を出品し[4]、この作品により日本芸術院賞を受賞[5]、2008年12月15日[注 1]に日本芸術院会員となる[6]。紺綬褒章受章(以後2回受章)。第41回東海テレビ文化賞受賞。
  • 2009年 - 第62回中日文化賞受賞[7]
  • 2010年 - 2010年度 北日本新聞文化賞受賞

脚注[編集]

[ヘルプ]
注釈
  1. ^ 文部科学大臣による発令日
出典
  1. ^ a b 特選(洋画)受賞者一覧”. 日展. 2019年11月14日閲覧。
  2. ^ 日展会員賞受賞者一覧”. 日展. 2019年11月14日閲覧。
  3. ^ 大臣賞受賞者一覧”. 日展. 2019年11月14日閲覧。
  4. ^ 作品詳細(アドレーション サンビターレ)”. 日本芸術院. 2019年11月14日閲覧。
  5. ^ 歴代授賞者一覧”. 日本芸術院. 2019年11月14日閲覧。
  6. ^ 会員詳細(藤森兼明)”. 日本芸術院. 2019年11月14日閲覧。
  7. ^ 中日文化賞:第62回(平成21年)”. 中日新聞. 2009年10月18日閲覧。

関連項目[編集]