藤沢南岳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

藤沢 南岳(ふじさわ なんがく、天保13年9月9日1842年10月12日) - 大正9年(1920年2月2日)は、幕末から明治期に活動した儒学者

讃岐国生まれ。藤沢東畡の長男。名は恒、は君成、通称は恒太郎。[1]号は醒狂、香翁など。大坂泊園書院を父から継承し、数千人の門人を擁した。異端を排除し、主君に対する忠義を重んじた。[2]高松藩に仕え、左幕派だった藩論を一夜で朝廷派へと変換した。戊辰戦争後、藩の保全に尽力、藩学講道館にて督学、1887年大成教会を興した。長男は衆議院議員となった藤沢元造(黄鵠)、次男は関西大学初の名誉教授となった藤沢章二郎(黄坡)。小説家の藤沢桓夫は章二郎の長男。

通天閣」や「寒霞渓」の命名者である。大阪市内の精華小学校・集英小学校愛日小学校桃園小学校愛珠幼稚園・(神戸市立)好徳小学校も南岳が命名した。

著書[編集]

  • 増補元明史略便蒙 乾・坤 (藤沢恒君成 岩佐茂平等 1872年)
  • 日本袖史 外編 (岡田茂兵衛 1876年)
  • 純正蒙求箋本 (岡島宝玉堂 1883年)
  • 韓非子全書 (温古書屋 1884年)
  • 探奇小録 (1886年)
  • 弘道新説 (1888年)
  • 七香斎類函 (1889年-1890年)
  • 論語彙纂 (泊園書院 1892年)
  • 藤沢先生講談叢録 (岡島真七 1893年)
  • 皇陵巡拝道略図 (小林林之助 1898年)
  • 新編林園月令 (浜本明昇堂 1900年)
  • 和陶飲酒詩 (横山順 1902年)
  • 論戦新詠 (青木嵩山堂 1904年)
  • 中庸講義 (文海堂 1905年)
  • 明倫彙典 (文海堂 1906年)
  • 韻雅 (鹿田静七 1907年)
  • 遊屐余痕 (松村九兵衛 1907年)
  • 七輯 (泊園書院 1911年)
  • 大統宝鑑 (松村文海堂 1911年)
  • 七香斎文雋 (泊園書院 1914年)
  • 酔世九剤 (1915年)
  • 七香斎詩抄 (泊園書院 1918年)
  • 発揮九範 (1919年)
  • 不苟書室日録鈔 (藤沢元造 1921年)
  • 飛鴻遺影 (藤沢元造 1922年)
  • 大学家説 (泊園書院 1925年)

参考文献・出典[編集]

  • 『海南愛国民権家列伝』 荘司晋太郎、西野駒太郎、1886年