藤沢浅二郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ふじさわ あさじろう
藤澤 浅二郎
生年月日 (1866-06-08) 1866年6月8日
没年月日 (1917-03-03) 1917年3月3日(50歳没)
出生地 日本の旗 日本 京都府
死没地 日本の旗 日本 東京府東京市浅草区今戸町(現在の東京都台東区今戸
職業 俳優劇作家ジャーナリスト
ジャンル 新派劇映画現代劇時代劇サイレント映画
活動期間 1888年 - 1917年

藤澤 浅二郎藤沢-、ふじさわ あさじろう、天保暦 慶応2年4月25日 / グレゴリオ暦 1866年6月8日 - 1917年3月3日[1])は、日本の俳優劇作家ジャーナリストである[1]

人物・来歴[編集]

1866年6月8日旧暦 慶応2年4月25日)、京都府に生まれる[1]

長じて、京都市河原町通三條大黒町(現在の同市中京区大黒町)にあった平民新聞社で雑誌『活眼』の記者となり[1]、1888年(明治21年)、中江兆民を主筆に大阪で創刊された『東雲新聞』(東雲新聞社)[2]の記者となる[1]。このころ、川上音二郎と知り合う[1]

1891年(明治24年)、川上音二郎がで旗揚げした書生芝居に参加、『板垣君遭難実記』、『日清戦争』等の戯曲を執筆、俳優としても舞台に立った[1]。「川上音二郎一座」の副将となった[1]。高田実らとも共演した[1]。当時の当たり役は、尾崎紅葉の『金色夜叉』の「貫一」、菊池幽芳の『己が罪』の「塚口」等であった[1]

1908年(明治41年)11月11日、自費で、東京・牛込に東京俳優養成所を開設した[1]。1910年(明治43年)、東京俳優学校と改称、1911年(明治44年)には閉校となった。諸口十九田中栄三勝見庸太郎新井淳らを輩出した。このころから、吉沢商店目黒撮影所の映画に出演を始める。同撮影所は、吉沢商店が合併して日活となった翌年の1913年(大正2年)には日活向島撮影所となり、閉鎖された。日活向島の映画にも引き続き出演した。

1917年(大正6年)3月3日東京府東京市浅草区今戸町(現在の東京都台東区今戸)で死去した[1]。満50歳没。青山霊園に眠る。

主な出演映画[編集]

吉沢商店[編集]

1910年
  • 『ハイカラ』 : 監督・脚本不明、共演木下吉之助
  • 『保険ぎらい』 : 監督・脚本不明、原作益田太郎冠者、共演木下吉之助
  • 『競艶録』 : 監督・脚本不明、共演木下吉之助・五味国太郎
  • 『玉手箱』 : 監督・脚本不明、原作益田太郎冠者、共演木下吉之助・五味国太郎
  • 『心の闇』 : 監督・脚本不明、共演木下吉之助・五味国太郎
  • 『新野崎村』 : 監督・脚本不明、共演福島清
  • 『貸間』 : 監督・脚本不明
  • 『犠牲』 : 監督・脚本不明、共演木下吉之助・関根達発
  • 『良心』 : 監督・脚本不明、共演木村操・関根達発
1911年
  • 『影弁慶』 : 監督・脚本不明、共演木下吉之助
  • 『松の緑』 : 監督・脚本不明、原作吉沢商店考案部、共演福島清
  • 『見合い』 : 監督・脚本不明、原作松居松翁
  • 『梅の月影』 : 監督・脚本不明
  • 『天風組』 : 監督・脚本不明、原作田口掬汀、共演本郷座合同一座・村田正雄・佐藤歳三
  • 『約束ちがい』 : 監督・脚本不明
  • 『はこべ売』 : 監督・脚本不明
  • 『金貸と武士』 : 監督・脚本不明、共演木下吉之助
  • 『隣の女』 : 監督・脚本不明、原作紅葉山人
  • 『薬ちがい』 : 監督・脚本不明、原作吉沢商店考案部
  • 『走馬燈』 : 監督・脚本不明
  • 『河内屋』 : 監督・脚本不明、共演木下吉之助・関根達発
  • 『坂本竜馬』 : 監督・脚本不明
  • 『しめだし』 : 監督・脚本不明
  • 『炎』 : 監督・脚本不明、共演木下吉之助
  • 『女文士』 : 監督・脚本不明
  • 『闇と光』 : 監督・脚本不明

日活向島撮影所[編集]

1913年
  • 『八重欅』 : 監督・脚本不明、共演村田正雄
  • 『天風組』 : 監督・脚本不明、共演村田正雄・関根達発・福島清 - 1911年吉沢作品の再映
1915年

参考文献[編集]

  • 『名家真相録16・藤沢浅二郎』 - 『演芸画報』明治41年4月号、1908年

関連事項[編集]

[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l 藤沢浅二郎、『朝日日本歴史人物事典』、執筆藤木宏幸朝日新聞出版、コトバンク、2009年12月25日閲覧。
  2. ^ 東雲新聞デジタル大辞泉小学館コトバンク、2009年12月25日閲覧。