藤波勇飛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
獲得メダル

藤波勇飛
日本の旗 日本
男子 レスリング・フリースタイル
世界選手権
2017 パリ 70kg級
世界ジュニア
2015 サルバドル 66kg級
2016 マコン 65kg級
世界カデット
2013 ズレニャニン 63kg級

藤波 勇飛(ふじなみ ゆうひ、1996年5月27日 - )は レスリング フリースタイルの選手

現時点の現役選手で日本最強の選手と呼ばれている。

階級は70kg級 身長173cm[1]

来歴[編集]

小学校2年の時にレスリングを始めた[2]西朝明中学時代は全国中学生選手権で1年から3年にかけて3階級制覇を達成した。3年から高校2年にかけてジュニアオリンピックカデットの部でも3階級制覇を達成した[1][2]。父親がレスリング部監督を務めるいなべ総合学園高校へ進むと、2年の時に世界カデットの63kg級で2位になった[1][2]。また、インターハイ国体少年の部で優勝する一方で、フリースタイル以外にグレコローマンスタイルの大会にも出場して、全国高校生グレコローマン選手権で優勝した[1]。2015年に山梨学院大学へ進むと、1年の時には世界ジュニアの66kg級で2位になった[1]。ジュニアオリンピックジュニアの部では1年の時から2連覇した[1]。シニアの全日本レスリング選手権大会では65kg級で2位となった[1]。2年の時にはリオデジャネイロオリンピックの出場権を獲得するために世界予選に出場したものの敗れた[3]。世界ジュニアでは3位だった[1]。3年の時には全日本選抜選手権で優勝して世界選手権代表に選ばれた[1]。世界選手権では準決勝でアメリカのジェームス・グリーンに3-5で敗れるも、3位決定戦でジョージアの選手を11-0のテクニカルフォールで破って銅メダルを獲得した[3][4][5]。2018年のワールドカップ団体戦では3位だった[1]アジア大会では74㎏級で3位になった[6]

主な戦績[編集]

  • 2009年 - 全国中学生選手権 優勝(38kg級)
  • 2010年 - 全国中学生選手権 優勝(42kg級)
  • 2011年 - ジュニアオリンピック カデットの部 優勝(46kg級)
  • 2011年 - 全国中学生選手権 優勝(47kg級)
  • 2012年 - ジュニアオリンピックカデットの部 優勝(54kg級)
  • 2013年 - 全国高校選抜大会 優勝(60kg級)
  • 2013年 - ジュニアオリンピックカデットの部 優勝(63kg級)
  • 2013年 - 世界カデット 2位(63kg級)
  • 2013年 - 国体 少年の部 優勝(60kg級)
  • 2014年 - 全国高校選抜大会 優勝(66kg級)
  • 2014年 - ジュニアオリンピックジュニアの部 2位(66kg級)
  • 2014年 - アジアジュニア選手権 2位(65kg級)
  • 2014年 - インターハイ 優勝(66kg級)
  • 2014年 - 全国高校生グレコローマン選手権 優勝(66kg級)
  • 2014年 - 国体 少年の部 優勝(66kg級)
  • 2015年 - ジュニアオリンピックジュニアの部 優勝(66kg級)
  • 2015年 - 世界ジュニア 2位(66kg級)
  • 2015年 - 全日本大学選手権 優勝(65kg級)
  • 2015年 - 全日本レスリング選手権大会 2位(65kg級)
  • 2016年 - ジュニアオリンピックジュニアの部 優勝(66kg級)
  • 2016年 - 全日本学生選手権 優勝(70kg級)
  • 2016年 - 世界ジュニア 3位(66kg級)
  • 2016年 - 国体 成年の部 優勝(65kg級)
  • 2016年 - 全日本大学選手権 優勝(70kg級)
  • 2017年 - 全日本選抜選手権 優勝(70kg級)
  • 2017年 - 世界選手権 3位(70kg級)
  • 2018年 - ワールドカップ団体戦 3位
  • 2018年 - アジア大会 3位(74kg級)

(出典[1])

脚注[編集]

  • 藤波勇飛 - International Wrestling Database (英語)