藤田元治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
藤田 元治
ふじた もとはる
生年月日 (1962-12-01) 1962年12月1日(57歳)
出生地 徳島県美馬市
出身校 摂南大学工学部
前職 徳島県議会議員
現職 美馬市長
所属政党自由民主党→)
無所属
親族 藤田利胤(

Emblem of Mima, Tokushima.svg 第4代 美馬市長
当選回数 1回
在任期間 2016年6月19日 - 現職
テンプレートを表示

藤田 元治(ふじた もとはる、1962年12月1日 - )は、日本政治家美馬市長(1期)。徳島県美馬市出身。摂南大学工学部卒業。

経歴[編集]

徳島県美馬市(旧美馬郡美馬町)出身。父は政治家で旧美馬町長の藤田利胤[1]

摂南大学工学部を卒業後、会社員。旧美馬町議会議員1期、美馬市議会議員2期(相和会所属)を歴任。2011年徳島県議会美馬第一選挙区(美馬市)に自由民主党(自民創政会)所属で出馬し初当選、2015年に再選した[2][3]。2016年5月12日、美馬市長選挙に出馬表明した[2]。2016年6月3日、徳島県議会議員を辞職し、美馬市長選挙に立候補を表明した[4]

2016年5月16日に美馬市の牧田久市長が交通死亡事故を起こした責任を取って辞職したことに伴う6月12日告示の美馬市長選に無所属で出馬し、他に立候補の届け出がなかったことから無投票での初当選が決まった[5]

2016年7月19日に開会した美馬市議会6月定例会で就任の所信表明を行った。牧田前市長の推進事業(生涯活躍のまち(市版CCRC)構想、ショッピングセンター旧パルシーを活用した地域交流センターの整備)を継続する方針を改めて示した[6]

出典[編集]

  1. ^ 四月県議会選「当選予測」「徳島二区」編”. トリビューンしこく (2015年2月15日). 2016年6月13日閲覧。
  2. ^ a b 『牧田氏辞職美馬市長選 藤田県議出馬意向』徳島新聞 2016年5月13日付け 1面 総合面
  3. ^ 『美馬市長辞職の波紋下』徳島新聞 2016年5月13日付け 28面 社会面
  4. ^ 『美馬市長選 藤田元県議が出馬表明』徳島新聞 2016年6月4日付け 2面 総合面
  5. ^ 美馬市長に無投票で藤田氏 「人口減少に歯止め」”. 徳島新聞 (2016年6月13日). 2016年6月13日閲覧。
  6. ^ 『前市長の推進事業継続 美馬 藤田市長 初の所信表明』徳島新聞 2016年7月20日付け 19面 地域面
公職
先代:
牧田久
Emblem of Mima, Tokushima.svg 美馬市長
第4代:2016 -
次代:
(現職)