藤田和芳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
ふじた かずよし
藤田 和芳
生誕 (1947-02-06) 1947年2月6日(73歳)
日本の旗 日本 岩手県胆沢郡胆沢町
国籍 日本の旗 日本
出身校 上智大学法学部卒業
職業 オイシックス・ラ・大地会長

藤田 和芳(ふじた かずよし、1947年昭和22年〉[1]2月6日 - )は、日本実業家オイシックス・ラ・大地代表取締役会長100万人のキャンドルナイト呼びかけ人代表[2]、アジア農民元気大学理事長、ふるさと回帰支援センター理事、食料・農林漁業・環境フォーラム幹事、日本NPOセンター評議員、経済産業省ソーシャルビジネス推進イニシアティブ委員[1]

経歴[編集]

岩手県[1]胆沢郡胆沢町(後の奥州市)出身。岩手県立水沢高等学校上智大学法学部を卒業後、出版社勤務を経て[3]1975年昭和50年)に藤本敏夫らと共に[4]有機農産物の販売などを行う団体「大地を守る市民の会」を設立[1][5]1977年(昭和52年)に同団体の販売事業を株式会社化して新たに「大地を守る会」を設立し、同社社長に就任した[1]

2007年平成19年)、ニューズウィーク日本版の「世界を変える社会起業家100人」に選出[1]。その後大地を守る会の株式公開を目指していた[1]が、2016年(平成28年)12月、同社とオイシックスの経営統合を発表[6]2017年(平成29年)に発足した新会社(のちのオイシックス・ラ・大地)ではオイシックスの高島宏平が社長となり、藤田は会長に就任した[6]

著書[編集]

  • 『いのちと暮らしを守る株式会社 ネットワーキング型のある生活者運動』学陽書房 ISBN 978-4313810679(1992/7)
  • 『農業の出番だ!「THAT’S国産」運動のすすめ』ダイヤモンド社 ISBN 978-4478941188(1995/10)
  • 『ダイコン一本からの革命 環境NGOが歩んだ30年』工作舎ISBN 978-4875023890(2005/11/1 )
  • 『畑と田んぼと母の漬けもの「大地を守る」社会起業家の原風景』ビーケイシー ISBN 978-4939051463 (2010/10)
  • 『有機農業で世界を変える ダイコン一本からの「社会的企業」宣言』工作舎 ISBN 978-4875024330 (2010/11/3)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g “理想と実利追う「社会的企業」で担い手育てる:大地を守る会社長 藤田和芳さん ニッポンの農力”. 日本経済新聞電子版 (日本経済新聞社). (2010年10月31日). https://www.nikkei.com/article/DGXNASM22900L_Q0A031C1000000/ 2020年1月3日閲覧。 
  2. ^ “照明消し、暮らし見つめる 夏至の夜、自作ろうそくで参加も”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). (2018年6月19日). https://www.asahi.com/articles/DA3S13547350.html 2020年1月3日閲覧。 
  3. ^ “大地を守る会・会長 藤田 和芳さん:農業体験を通じ命に触れる 多様性を認める寛容さを”. 中日新聞(CHUNICHI Web) (中日新聞社). (2009年2月10日). https://www.chunichi.co.jp/k/viva/interview/page02.html 2020年1月3日閲覧。 
  4. ^ “水と緑の地球環境:大地を守る会、40周年で感謝の集い 加藤登紀子さんら参加”. 毎日新聞東京朝刊 (毎日新聞社). (2015年12月29日). https://mainichi.jp/articles/20151229/ddm/010/040/023000c 2020年1月3日閲覧。 
  5. ^ 秋山訓子 (2017年8月24日). “中国の社会的企業 芽吹いた日本のDNA”. 朝日新聞デジタル (朝日新聞社). https://www.asahi.com/articles/DA3S13099960.html 2020年1月3日閲覧。 
  6. ^ a b “オイシックス、大地を守る会と経営統合 食品宅配に集中”. 日本経済新聞電子版. 日経QUICKニュース (日本経済新聞社). (2016年12月22日). https://www.nikkei.com/article/DGXLASFL22HMU_S6A221C1000000/ 2020年1月3日閲覧。