藤田宗一 (外野手)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
藤田 宗一
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 大阪府大阪市
生年月日 1914年8月20日
没年月日 1980年9月3日(満66歳没)
身長
体重
173 cm
80 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 外野手
プロ入り 1950年
初出場 1950年
最終出場 1953年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
選手歴
監督・コーチ歴

藤田 宗一(ふじた そういち、 1914年8月20日 - 1980年9月3日)は、大阪府大阪市出身のプロ野球選手外野手)・コーチ監督

来歴・人物[編集]

旧制甲陽中学校では1928年から1931年捕手外野手として合わせて5回連続で甲子園に出場。法政大学に進学後は1933年から遊撃手となったが、1934年には捕手に戻った。打撃では常にクリーンアップを打ち、1936年春季には東京六大学リーグ首位打者となった。リーグ通算66試合出場、266打数73安打、打率.274、0本塁打、41打点。卒業後は全大阪を経て、コロムビアに入社。1937年都市対抗には3番・三塁手で出場し、11打数5安打の活躍でチームの準決勝進出に貢献。戦後の1950年には選手兼任監督としてプレーしていたが、既存のチームとは圧倒的な戦力差に悩んでいた新球団・国鉄スワローズから強力な勧誘を受けて、35歳という高齢ながらシーズン途中に入団。病気で倒れた妻の入院費用を捻出するためでもあった。主に3番打者で外野手として出場し、打率.288、11本、64打点の成績を残す。コーチ兼任となった1953年に引退。

1954年から1955年には国鉄の2代目監督を務めたが、2年連続5位という成績に終わった。在任中は宇野光雄箱田弘志が球団初のベストナインに入ったほか、金田正一が奪三振の世界新記録を打ち立て、町田行彦本塁打王を獲得した。国鉄退団後の1956年古谷法夫初岡栄治と共に日本通運浦和へ入社。野球部の初代監督に就任し、都市対抗2回出場(準優勝1回)、産別対抗3回出場(ベスト4が1回)の成績を残した。1959年退任。

1980年9月3日死去。享年66。

詳細情報[編集]

年度別打撃成績[編集]

















































O
P
S
1950 国鉄 115 502 473 57 136 17 5 11 196 64 18 13 1 -- 27 -- 1 10 12 .288 .327 .414 .742
1951 77 297 272 21 71 10 2 7 106 46 1 1 1 -- 24 -- 0 7 16 .261 .321 .390 .711
1952 85 273 255 20 58 15 0 2 79 20 7 2 2 -- 16 -- 0 8 10 .227 .273 .310 .583
1953 2 2 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 -- 0 -- 0 1 0 .000 .000 .000 .000
通算:4年 279 1074 1002 98 265 42 7 20 381 130 26 16 4 -- 67 -- 1 26 38 .264 .311 .380 .691

通算監督成績[編集]

年度 チーム 順位 試合 勝利 敗戦 引分 勝率 ゲーム差 チーム
本塁打
チーム
打率
チーム
防御率
年齢
1954年 昭和29年 国鉄 5位 130 55 73 2 .430 32.0 61 .258 3.34 40歳
1955年 昭和30年 5位 130 57 71 2 .445 34.5 93 .228 2.69 41歳
通算:2年 260 112 144 4 .438 Bクラス2回

背番号[編集]

  • 31 (1950年 - 1953年)
  • 30 (1954年 - 1955年)

脚注[編集]

関連項目[編集]