藤田宗久

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ふじた そうきゅう
藤田 宗久
本名 同じ
生年月日 (1949-09-18) 1949年9月18日(69歳)
出生地 日本の旗 日本岡山県津山市
国籍 日本の旗 日本
民族 日本人
身長 176 cm
血液型 B型
職業 俳優
ジャンル 映画・テレビドラマ・舞台
活動期間 1972年 -
公式サイト 公式サイト
主な作品

映画
金融腐食列島 呪縛』・『いちげんさん
イントゥ・ザ・サン』・『おとうと』・『交渉人
テレビドラマ
』・『ヴォイス〜命なき者の声〜
相棒』・『官僚たちの夏』・『MR.BRAIN
再生の町』・『ROMES/空港防御システム

舞台
ハムレット』・『夜叉ヶ池』・『リア王
ジュリアス・シーザー』・『死の舞踏』

藤田 宗久(ふじた そうきゅう、1949年9月18日 - )は、演劇集団 円に所属する愛知県名古屋市出身(生まれは岡山県津山市)の俳優

来歴・人物[編集]

東海中学校・高等学校東京外国語大学ロシア語学科卒業。特技は3段の腕前を持つ剣道英会話

大学在学中に演劇に興味を持ち、岩松了加藤文彦らと共に演劇部を創設。舞台芸術学院に1年通い、その後五月舎の研究所に入所。大学卒業後の1973年劇団雲の研究生となる。1975年に劇団雲が演劇集団 円劇団昴に分裂した際に円に参加。翌1976年、研究生ながら本公演『ペリクリーズ』の主演に抜擢される。1977年に円の正会員に昇格。

以降、演劇集団 円の公演はもとより映画テレビドラマに多数出演。端整な顔立ちと気品溢れる佇まいから、医者、刑事、弁護士など、俗に言うエリートの役を多く演じる。安定した演技力と存在感から林徹塩屋俊若松節朗池広一夫といった映画・テレビ関係者から絶大な信頼を得ている。また、英会話を得意とすることから外国映画にも出演。ジョージ・タケイスティーブン・セガールラッセル・クロウといった著名な俳優とも共演を重ねた。さらに、円・演劇研究所では不定期ながら演技実習の講師を務め、後進の育成に尽力している。

出演[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

NHK[編集]

日本テレビ[編集]

TBS[編集]

フジテレビ[編集]

テレビ朝日[編集]

テレビ東京[編集]

舞台[編集]

  • 『美しきものの伝説』 (五月舎研究生公演・1972年・木村光一演出作品)
  • 『赤い鳥のいる風景』 (五月舎研究生公演・1972年・早野寿一演出作品)
  • 『審判』『堂々たるコキュ』『おばけりんご』『海神別荘』『サイゴンから来た男』 (三百人劇場オープニング公演・1974年)
  • 『黄金の国』 (1975年・三百人劇場)
  • ペリクリーズ』 (1976年10月1日〜31日・ABC会館ホール・安西徹雄演出作品)
  • リア王』 (1977年・自由劇場客演・家高勝演出作品)
  • 『天竺徳兵衛韓噺』 (1977年10月19日〜29日・ABC会館ホール・家高勝演出作品)
  • ハムレット』 (1978年・自由劇場客演・家高勝演出作品)
  • 夜叉ヶ池』 (1978年7月5日〜28日・ABC会館ホール・芥川比呂志演出作品)
  • 『夜叉ヶ池』(再演) (1979年3月1日〜6日・サンシャイン劇場・芥川比呂志演出作品)
  • ユビュ王』 (1979年10月1日〜8日・渋谷ジァン・ジァン・大間知靖子演出作品)
  • 『まちがいいつづき』 (1980年2月29日〜3月6日・紀伊國屋ホール・安西徹雄演出作品)
  • 『ブリタニキュス』 (1980年6月7日〜20日・紀伊國屋ホール・渡辺守章演出作品)
  • 『まちがいつづき』(再演) (1981年3月9日〜15日・紀伊國屋ホール・安西徹雄演出作品)
  • 『ヴォルポーネ』 (1982年6月18日〜23日・紀伊國屋ホール・安西徹雄演出作品)
  • 『リア王』 (1985年4月12日〜23日・新宿ステージ円・安西徹雄演出作品)
  • シーザーとクレオパトラ』 (1989年5月・グローブ座・安西徹雄演出作品)
  • ジュリアス・シーザー』 (1989年5月・グローブ座)
  • 『メアリー・スチュアート』 (1989年11月22日〜29日・シアターサンモール・大間知靖子演出作品)
  • 『山ホトトギスほしいまま』 (1993年11月・前進座劇場・立沢雅人演出作品)
  • 『山ホトトギスほしいまま』(再演) (1995年7月・前進座劇場・立沢雅人演出作品)
  • 『招待券』 (1997年11月・みゆき館・大間知靖子演出作品)
  • 『小さなエイヨルフ』 (1999年5月13日〜23日・シアターΧ・安西徹雄演出作品)
  • 『ハムレットの楽屋』 (2000年5月23日〜28日・俳優座劇場・大間知靖子演出作品)
  • 『マルフィ公爵夫人』 (2002年3月19日〜31日・田原町ステージ円・安西徹雄演出作品)
  • 『マクロプロス』 (2003年2月28日〜3月12日・田原町ステージ円・山下悟演出作品)
  • 『鏡花万華鏡 風流線』 (2004年7月16日〜25日・紀伊國屋ホール・山本健翔演出作品)
  • 『ロスメルスホルム』 (2006年5月18日〜28日・田原町ステージ円・安西徹雄演出作品)
  • 『死の舞踏』 (2008年7月17日〜31日・田原町ステージ円・安西徹雄演出作品)

テレビアニメ[編集]

劇場アニメ[編集]

吹き替え[編集]

その他[編集]


出典[編集]

  1. ^ 『<harmony/> 劇場パンフレット』 東宝、2015年、34頁。