藤田弘夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

藤田 弘夫(ふじた ひろお、1947年 - 2009年10月14日[1])は、日本社会学者慶應義塾大学文学部教授。社会学博士。専門は、都市社会学地域社会学歴史社会学、公共性の比較社会学、社会学史

経歴[編集]

  • 兵庫県神戸市出身。
  • 1971年 慶應義塾大学文学部卒業。
  • 1976年 慶應義塾大学院社会学研究科博士課程修了

著書[編集]

単著[編集]

  • 『日本都市の社会学的特質』(時潮社, 1982年)
  • 『都市と国家――都市社会学を越えて』(ミネルヴァ書房, 1990年)
  • 『都市と権力――飢餓と飽食の歴史社会学』(創文社, 1991年)
  • 『都市の論理――権力はなぜ都市を必要とするか』(中央公論社, 中公新書, 1993年)
  • 『人間は、なぜ都市を作るのか――都市に見る人間の移り変り』(ポプラ社, 10代教養文庫, 1995年)
  • 『奥井復太郎――都市社会学と生活論の創始者』(東信堂, 2000年)
  • 『都市と文明の比較社会学――環境・リスク・公共性』(東京大学出版会, 2003年)
  • 『路上の国柄――ゆらぐ「官尊民卑」』(文藝春秋, 2006年)

共著[編集]

編著[編集]

  • 『飢餓・都市・文化――「都市論」を超えて』(柏書房, 1993年)

共編著[編集]

  • 吉原直樹)『都市・社会学と人類学からの接近』(ミネルヴァ書房, 1987年)
  • (吉原直樹)『都市とモダニティ――都市社会学コメンタール』(ミネルヴァ書房, 1995年)
  • 西原和久)『現代人の社会学・入門――権力から読みとく』(有斐閣, 1996年/増補版, 2000年)
  • (吉原直樹)『都市社会学』(有斐閣, 1999年)
  • 川合隆男)『都市論と生活論の祖型――奥井復太郎研究』(慶應義塾大学出版会, 1999年)
  • (浦野正樹)『都市社会とリスク――豊かな生活をもとめて』(東信堂, 2005年)
  • (大内田鶴子・熊田俊郎・小山騰)『神田神保町とヘイ・オン・ワイ――古書とまちづくりの比較社会学』(東信堂, 2008年)
  • (橋本和孝・吉原直樹)『世界の都市社会計画――グローバル時代の都市社会計画』(東信堂, 2008年)
  • (橋本和孝・吉原直樹)『都市社会計画の思想と展開』(東信堂, 2009年)

訳書[編集]

  • E・ミンジオーネ『都市と社会紛争』(新泉社, 1985年)

脚注[編集]

  1. ^ “藤田弘夫氏死去 慶応大教授”. 共同通信社. 47NEWS. (2009年10月16日). http://www.47news.jp/CN/200910/CN2009101601000419.html 2013年5月29日閲覧。