藤田拓也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
藤田 拓也
人物情報
出身校 金沢大学大学院医学研究科
整形外科学専攻
学問
研究分野 整形外科学
学位 博士(医学)
学会 日本整形外科学会
中部日本整形外科災害外科学会
日本脊椎脊髄病学会
日本脊椎脊髄手術手技学会
脊椎インストルメンテーション学会
北陸脊椎脊髄外科学会
テンプレートを表示

藤田 拓也(ふじた たくや)は、日本整形外科医。藤田整形外科クリニックの医院長であり、北陸脊椎脊髄外科学会幹事および中部日本整形外科災害外科学会評議員を務める。脊椎手術の分野において知られる医師であり、2018年にはBest Doctors in Japanにおいてベストドクターに選出されている[1]

福井県出身[2]1990年金沢大学医学部を卒業後、福井総合病院小松市民病院金沢大学附属病院に勤務。1996年に金沢大学院医学研究科整形外科学専攻を卒業し博士号を取得。同年からジョンズ・ホプキンス大学に留学し、翌1997年7月には金沢大学医学部整形外科学教室助手となる。1999年からは金沢医科大学において講師を務め、2008年からは運動機能病態学の准教授となる。そして2011年1月に藤田整形外科クリニックを設立し、院長となる[3]

2001年には、椎間板ヘルニアの患者に対する最小侵襲脊椎手術を全国に先駆けて導入している[4][5]。しかし大学病院では手術の実施に至るまで数ヶ月もの期間を要するため、手術設備などを備えた診療所の開設を思い立ったという。ところが石川中央医療圏は病床過剰地域のため有床診療所の新設が認められず、金沢市内に位置し整形外科手術に対応している木島病院と提携することになった。開業当初から1日に約100人の外来患者がおり、早期に単月黒字化を達成したという。2014年の時点では1日に約250人の患者が来院している[5]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 当院の藤田院長が、2018-2019 Best Doctors in Japanに選出されました。 藤田整形外科クリニック
  2. ^ テレビ金沢 腰部脊柱管狭窄症 カラダ大辞典 - ウェイバックマシン(2008年8月4日アーカイブ分)
  3. ^ 藤田拓也プロフィール 藤田整形外科クリニック
  4. ^ 「椎間板ヘルニア手術 金沢医科大の藤田講師 全国に先駆け導入」『北國新聞』2003年12月22日付朝刊。
  5. ^ a b 「REPORT 診療所~専門診療で診療所過剰時代を生き残る」『日経ヘルスケア』第294号、2014年4月、68-72頁。