藤田誠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
藤田 誠
(ふじた まこと)
生誕 (1957-09-28) 1957年9月28日(61歳)
東京都板橋区
国籍 日本の旗 日本
研究分野 多価配位子金属イオンを用いた自己組織化による球状錯体金属有機構造体などの研究
研究機関 東京大学大学院工学系研究科応用化学専攻教授
出身校 千葉大学工学部合成化学科卒業
主な受賞歴 ウルフ賞化学部門(2018)
プロジェクト:人物伝

藤田 誠(ふじた まこと、1957年9月28日 - )は、日本の化学者。東京大学大学院工学系研究科応用化学専攻教授。多価配位子金属イオンを用いた自己組織化による球状錯体金属有機構造体などの研究で知られる。ネイチャーサイエンス両誌への掲載回数は、日本人化学者の中でもトップクラスである。東京都板橋区出身[1]

経歴[編集]

研究[編集]

分子間相互作用を利用して配位子と金属イオンを自己組織化させることにより、グリッド状あるいは球状の錯体の形成する研究が有名。100以上の新たな分子を合成している。単に混合するだけでカテナンなど複雑なトポロジーを持つ分子が組み上がる研究、また形成された球状錯体の内部で起こる特殊な反応の研究などが知られる。

受賞・叙勲[編集]

脚注[編集]