藤野正三郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

藤野 正三郎(ふじの しょうざぶろう、1927年 - 2012年2月13日)は日本の経済学者

経歴[編集]

昭和2年(1927年)、現在の福岡県北九州市に生まれる。1951年東京商科大学(現一橋大学)卒業。1965年論文「日本の景気循環」で一橋大学経済学博士。審査員馬場啓之助都留重人大川一司[1]

一橋大学経済研究所教授、立正大学教授を経て、一橋大学名誉教授。篠原三代平(一橋大学名誉教授)と並び、日本の景気循環の理論的、実証的研究の第一人者。一橋大学在職中に、1982年から江見康一の後任として一橋大学経済研究所所長を務めた。1984年退任。後任所長は宮鍋幟[2]理論・計量経済学会(現・日本経済学会)会長等も歴任。2012年2月13日、肺炎のため死去[3]。84歳没。

指導学生に、寺西重郎(一橋大学名誉教授)、後藤晃東京大学名誉教授)[4]石井安憲早稲田大学教授)[5]鵜飼康東関西大学教授)[6]、天野昌功(千葉大学名誉教授)[7]、松川周二(立命館大学名誉教授)[8]、三井清(学習院大学教授)[9]藤岡文七(元内閣府審議官[10]など多数。

著作[編集]

単著[編集]

  • Money, Employment, and Interest: Towards a Reconstruction of Keynesian Economics (Economic Research Series, No 23) (1988)
  • 日本の景気循環―循環的発展過程の理論的・統計的・歴史的分析 (1965年) (経済学全集), 勁草書房 (1965)
  • 日本のマネーサプライ, 勁草書房 (1994/02)

受賞[編集]

  • 1965年 日経・経済図書文化賞・特賞(『日本の景気循環―循環的発展過程の理論的・統計的・歴史的分析』に対して)
  • 1965年 エコノミスト賞 (『日本の景気循環―循環的発展過程の理論的・統計的・歴史的分析』に対して)
  • 1993年 紫綬褒章

脚注[編集]