藤野涼子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
ふじの りょうこ
藤野 涼子
生年月日 (2000-02-02) 2000年2月2日(21歳)
出身地 日本の旗 日本 神奈川県
身長 162 cm[1]
血液型 B型[2]
職業 女優
ジャンル 映画テレビドラマ舞台CM
活動期間 2015年 -
事務所 ケイファクトリー
公式サイト 公式プロフィール
主な作品
映画
ソロモンの偽証
輪違屋糸里 京女たちの幕末
テレビドラマ
ひよっこ
腐女子、うっかりゲイに告る。
青天を衝け
テンプレートを表示

藤野 涼子(ふじの りょうこ、2000年〈平成12年〉2月2日 - )は、日本女優。本名非公開。

神奈川県出身[2]ケイファクトリー所属[1]

2015年公開(2014年制作)の映画『ソロモンの偽証』で主演デビューした。芸名は同映画で演じた役名と同じである[3]

略歴[編集]

2000年、神奈川県に生まれ一人っ子として育つ[2]

2011年の10月[4]、小学5年生の頃、お笑いタレントのイモトアヤコに憧れ[5][6]、「テレビに出たかった」という理由で芸能事務所に所属する[7]

2014年公立中学校[8]在学中14歳の時、宮部みゆきのミステリー大作を原作とし、松竹による前後編2部作として製作された成島出監督の映画『ソロモンの偽証』にて、メインキャストとなる中学生役に応募し、「日本映画最大規模」とされた半年間のオーディションに参加した約1万人の中から主人公の藤野涼子役に抜擢された[3][9][10]。当時はテアトルアカデミー所属で[11]、デビュー時点で藤野は演技経験がほとんどなく、出演経験があるのはエキストラのみで[7]オーディションもわずか3度目であった[2]。主演発表にあたって、映画のプロデューサーと監督から役名と同じ名でデビューしてはというアイデアが出され[2]、原作小説の生みの親である宮部からも「二つ返事」でOKを受けてこの名を芸名とした[3]

2016年、映画『ソロモンの偽証』での演技が評価され、第39回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞[12][13][14]

同年、テアトルアカデミーからケイファクトリーへ移籍[1]

2017年福岡発地域ドラマ『たからのとき』(NHK)でテレビドラマ初出演[1]。同年5月、『ひよっこ』で主人公の同僚役を演じ、NHK連続テレビ小説初出演[15][16][17][18]

2018年3月1日、高校を卒業[19]。今後は進学せず女優業に専念するとした[20][21][22]

同年12月15日公開(2016年制作)の映画『輪違屋糸里 京女たちの幕末』で主演を務め、時代劇に初挑戦[23][24][25][26]

2019年、『腐女子、うっかりゲイに告る。』(NHK)に、オーディションを経て[27][28]ゲイの同級生に恋をする腐女子[注 1]の高校生・三浦紗枝役で出演[29][30][31]。同作の内容が話題を呼び[32]、同年6月度のギャラクシー賞月間賞を受賞[33][34]。また、自身もリアリティのある演技が評価され[35]コンフィデンスアワード・ドラマ賞助演女優賞を受賞する[36]

同年11月、二兎社『私たちは何も知らない』で初舞台を踏む[37][38][39][40]

2021年、『青天を衝け』でNHK大河ドラマ初出演。主人公・渋沢栄一の妹・てい役を演じる[41][42]

人物[編集]

趣味は読書、映画観賞、編み物で、お笑いや巡りも好む[4]

好きな俳優は西島秀俊香川照之[4][25]ジョニー・デップで、映画女優としての目標・憧れの女優は吉永小百合[4]オードリー・ヘプバーン[43]

好きなタレントはイモトアヤコ。2015年、映画『ソロモンの偽証』のスポットCMにイモトが出演した際、スタッフの計らいで対面を果たした[44][45]。それを受けて藤野が号泣する一幕もあった[44][45]

高校時代は、神奈川県の公立高校でダンス部に所属していた[4]。具体的な理由について、のちのブログで「もともと踊るのが好きだったという事もあるけど舞台に立つための体作りの一環としてでもありました。」と述べている[46]

嗜好[編集]

好きな漫画は『俺物語!!』、『SKET DANCE』、『ハイキュー!![47]

時代劇が好きで、小学生のころは『水戸黄門』(第31部 - 第43部)を好んで見ていたという[48][49][50]

芸能活動[編集]

幼いころから芸能界に興味を持ち、七夕短冊には「アイドルになりたい」、「タレントさんになりたい」と綴っていた[51]

女優を志したきっかけは、映画『シザーハンズ[51]。「自分以外の誰か、もしくは、動物、ロボット、物などになって、自分には出来ないことをしてみたいと思いました。」と当時を振り返っている[51]

受賞歴[編集]

映画(受賞歴)[編集]

ドラマ[編集]

その他[編集]

  • 2017年度
    • 万年筆ベストコーディネイト賞2017 次世代部門[56]

出演[編集]

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

配信ドラマ[編集]

舞台[編集]

公演中止[編集]

ドキュメンタリー[編集]

  • BS1スペシャル「難民110万人 ドイツの攻防〜受け入れ支持vs反対の闘い」(2017年6月29日、NHK BS1) - ナレーション[78]

CM[編集]

広告[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ ボーイズラブ男性同士の恋愛を題材とした小説漫画)を好む女性。
  2. ^ 同年11月8日より群馬県で先行公開[59]
  3. ^ YouTubeかなチャンTV」にて無料配信。
  4. ^ 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大による政府の緊急事態宣言の発令を受け、公演までの準備期間が十分に確保できないことから、全公演が中止となった[77]

出典[編集]

  1. ^ a b c d 藤野 涼子”. ケイファクトリー. 2018年1月3日閲覧。
  2. ^ a b c d e f “藤野涼子、主演デビュー作の役名が芸名に!1万人オーディションで選ばれた14歳”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2014年10月31日). オリジナルの2014年10月31日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20141031155856/http://www.hochi.co.jp/entertainment/20141030-OHT1T50337.html 2017年11月6日閲覧。 
  3. ^ a b c 役名で女優デビューする14歳・藤野涼子、人生初会見で初々しい決意表明”. 映画.com (2014年11月12日). 2015年3月3日閲覧。
  4. ^ a b c d e f 【報知映画賞】藤野涼子「一生分の幸せ」実力不足…悔し涙一転”. スポーツ報知 (2015年11月26日). 2015年11月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年11月26日閲覧。
  5. ^ “新人女優賞の涼子、イモトに憧れ芸能界入り”. テレビ朝日. (2016年2月7日). https://www.tv-asahi.co.jp/smt/f/geinou_tokuho/hot/?id=hot_20160207_230 2021年1月8日閲覧。 
  6. ^ “藤野涼子 あこがれはイモトアヤコ”. デイリースポーツ. (2016年2月27日). https://www.daily.co.jp/newsflash/gossip/2016/02/07/0008785874.shtml 2021年1月8日閲覧。 
  7. ^ a b 松田秀彦 (2015年3月5日). “藤野涼子「ソロモンの偽証」で本格映画デビュー”. 日刊スポーツ. http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1442345.html 2015年3月5日閲覧。 
  8. ^ “「ソロモンの偽証」藤野涼子 15歳 同世代へのメッセージ”. 東京新聞 (中日新聞社). (2015年3月12日). オリジナルの2015年4月4日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150404064727/http://www.tokyo-np.co.jp/article/entertainment/news/CK2015031202000139.html 2017年11月6日閲覧。 
  9. ^ 宮部みゆき「ソロモンの偽証」映画化決定!超大規模オーディション開催”. 映画.com (2013年12月24日). 2015年3月3日閲覧。
  10. ^ 1万人から選出『ソロモンの偽証』主演・藤野涼子に“名付け親”宮部みゆき太鼓判”. cinemacafe.net (2014年11月12日). 2015年3月3日閲覧。
  11. ^ 藤野涼子 映画「ソロモンの偽証」主演に抜擢!!”. テアトルアカデミー (2014年11月4日). 2014年11月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年8月18日閲覧。
  12. ^ a b “日本アカデミー賞:「海街diary」が最多12部門でノミネート “4姉妹”もそろって選出”. MANTANWEB (毎日新聞デジタル). (2016年1月18日). http://mantan-web.jp/2016/01/18/20160118dog00m200015000c.html 2016年1月18日閲覧。 
  13. ^ “【日本アカデミー賞】藤野涼子が感動スピーチ エキストラから主役へ”. ORICON NEWS (oricon ME). (2016年3月4日). https://www.oricon.co.jp/news/2068003/full/ 2020年12月1日閲覧。 
  14. ^ “「日本アカデミー賞」で涙のスピーチ “映画の申し子”藤野涼子が大物の予感”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2016年3月5日). https://mdpr.jp/news/detail/1569467 2020年12月1日閲覧。 
  15. ^ a b “朝ドラ「ひよっこ」“乙女寮”に注目美女集結 有村架純の妹分・松本穂香、「ソロモンの偽証」藤野涼子ら”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2017年1月30日). https://mdpr.jp/news/detail/1659527 2017年5月10日閲覧。 
  16. ^ “明日のひよっこ:5月1日 第25回 みね子、豊子とそり合わず? 向島電機で待っていたのは…”. まんたんウェブ (株式会社MANTAN). (2017年4月30日). https://mantan-web.jp/article/20170429dog00m200043000c.html 2021年1月8日閲覧。 
  17. ^ “「ひよっこ」豊子役・藤野涼子、ロシア文学を読んで役作り!”. ザテレビジョン (KADOKAWA). (2017年5月10日). https://thetv.jp/news/detail/108701/ 2021年1月8日閲覧。 
  18. ^ 津島令子 (2018年10月30日). ““映画の申し子”藤野涼子、オーストラリアで役者修行!初主演作では艶やかな花魁姿に”. テレ朝POST (テレビ朝日). https://post.tv-asahi.co.jp/post-65626/ 2021年1月8日閲覧。 
  19. ^ 藤野涼子 (2018年3月13日). “18歳の目標”. 藤野涼子オフィシャルブログ「りょうこの歩き方」Powered by Ameba. 2021年1月8日閲覧。
  20. ^ “藤野涼子、「ひよっこ」で豊子役「舞台をやってみたい」”. SANSPO.COM (産経デジタル). (2018年2月23日). https://www.sanspo.com/geino/news/20180223/geo18022316540022-n1.html 2021年1月8日閲覧。 
  21. ^ “『ひよっこ』女優・藤野涼子、高校卒業で女優業1本に「舞台に出てみたい」”. ORICON NEWS (oricon ME). (2018年2月23日). https://www.oricon.co.jp/news/2106243/full/ 2021年1月8日閲覧。 
  22. ^ “藤野涼子、しんくみ新イメージキャラ就任 今後は女優一本「海外の映画にも出たい」”. 映画.com. (2018年2月23日). https://eiga.com/news/20180223/22/ 2021年1月8日閲覧。 
  23. ^ a b “藤野涼子主演で浅田次郎『輪違屋糸里』映画化、共演に溝端淳平、松井玲奈ら”. CINRA.NET (株式会社 CINRA). (2018年10月4日). https://www.cinra.net/news/20181004-wachigaiya 2018年10月21日閲覧。 
  24. ^ “注目の女優・藤野涼子「とてもチャレンジング」初挑戦語る<輪違屋糸里>”. モデルプレス (ネットネイティブ). (2018年10月4日). https://mdpr.jp/cinema/detail/1796588 2021年1月8日閲覧。 
  25. ^ a b 津島令子 (2018年10月26日). “新人賞総なめ女優・藤野涼子!憧れの俳優が、暴力シーンも「全力で」と助言した理由”. テレ朝POST (テレビ朝日). https://post.tv-asahi.co.jp/post-65121/ 2021年1月8日閲覧。 
  26. ^ “藤野涼子 時代劇に初挑戦「特に若い女性に見てほしい」”. Sponichi annex (スポーツニッポン新聞社). (2018年12月13日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/12/13/kiji/20181213s00041000056000c.html 2021年1月8日閲覧。 
  27. ^ 清水拓哉 (2019年6月7日). 【腐女子ブログ】清水拓哉制作統括に聞いちゃいました、制作裏話☆. インタビュアー:はな子. 日本放送協会. ドラマスタッフブログ.. http://www.nhk.or.jp/drama-blog/6420/368834.html 2021年1月8日閲覧。 
  28. ^ 高堀冬彦 (2019年8月25日). “制作統括語る『腐女子、うっかりゲイに告る。』をNHKが作ったワケ”. 現代ビジネス (講談社): p. 2. https://gendai.ismedia.jp/articles/-/66741?page=2 2021年1月8日閲覧。 
  29. ^ a b “金子大地×藤野涼子『腐女子、うっかりゲイに告る。』4月スタート”. クランクイン! (ハリウッドチャンネル). (2019年2月1日). https://m.crank-in.net/news/62260 2020年12月1日閲覧。 
  30. ^ “金子大地、NHK初主演でゲイの少年役 “腐女子”藤野涼子と青春群像劇”. ORICON NEWS (oricon ME). (2019年2月1日). https://www.oricon.co.jp/news/2128605/full/ 2020年12月1日閲覧。 
  31. ^ NHK初主演! 金子大地がゲイの少年役に!”. NHK PR. NHK (2019年2月1日). 2019年3月30日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2021年1月8日閲覧。
  32. ^ 山崎春奈 (2019年8月25日). “NHKらしくない?「腐女子、うっかりゲイに告る。」賛否両論のタイトルが決まるまで”. BuzzFeed Japan. https://www.buzzfeed.com/jp/harunayamazaki/nhk-fujoshi1 2021年1月8日閲覧。 
  33. ^ 2019年6月度”. 放送批評懇談会. 2021年1月8日閲覧。
  34. ^ “吉高由里子主演『わた定』ギャラクシー賞月間賞 『腐女子―』も”. マイナビニュース (マイナビ). (2019年7月22日). https://news.mynavi.jp/article/20190722-863427/ 2021年1月8日閲覧。 
  35. ^ 田幸和歌子 (2019年5月18日). “『腐女子、うっかりゲイに告る。』藤野涼子のままリアルを表出す、腐女子役の好演”. ORICON NEWS (oricon ME). https://www.oricon.co.jp/news/2135693/full/ 2021年1月8日閲覧。 
  36. ^ a b “『腐女子、うっかり~』最多3冠 藤野涼子が助演女優賞、金子大地が新人賞【第16回コンフィデンスアワード・ドラマ賞】”. ORICON NEWS (oricon ME). (2019年8月2日). https://www.oricon.co.jp/news/2141444/full/ 2020年12月1日閲覧。 
  37. ^ a b “「青鞜」編集部を舞台にした青春群像劇、二兎社「私たちは何も知らない」”. ステージナタリー (ナターシャ). (2019年5月20日). https://natalie.mu/stage/news/331795 2020年12月1日閲覧。 
  38. ^ “二兎社が雑誌「青鞜」編集部を舞台に青春群像劇『私たちは何も知らない”. SPICE (イープラス). (2019年6月13日). https://spice.eplus.jp/articles/241706 2021年1月8日閲覧。 
  39. ^ 望月リサ (2019年11月20日). “『ひよっこ』の藤野涼子、初舞台に挑む! 「不安で眠れなくて…」”. ananニュース (マガジンハウス). https://ananweb.jp/news/260530/ 2021年1月8日閲覧。 
  40. ^ “青鞜の“女たち”と出演者の姿が重なる、二兎社「私たちは何も知らない」開幕”. ステージナタリー (ナターシャ). (2019年11月30日). https://natalie.mu/stage/news/357625 2020年12月1日閲覧。 
  41. ^ a b 2021年大河ドラマ「青天を衝け」出演者発表 第1弾”. NHKドラマ. ドラマトピックス. 日本放送協会 (2020年7月10日). 2020年7月10日閲覧。
  42. ^ a b “藤野涼子:「ひよっこ」“豊子”が初大河 吉沢亮主演「青天を衝け」で天真らんまんなお兄ちゃん子に”. まんたんウェブ (株式会社MANTAN). (2020年7月10日). https://mantan-web.jp/article/20200710dog00m200024000c.html 2020年7月10日閲覧。 
  43. ^ 藤野涼子 (2019年5月29日). 藤野涼子、金子大地と小越勇輝を見てBL妄想?. インタビュアー:田幸和歌子. ザテレビジョン.. https://thetv.jp/news/detail/190543/ 2021年1月8日閲覧。 
  44. ^ a b “イモトアヤコ、映画「ソロモンの偽証」TVスポットで涙”. お笑いナタリー (ナターシャ). (2015年3月4日). https://natalie.mu/owarai/news/140013 2021年1月8日閲覧。 
  45. ^ a b 吉田唯 (2015年3月4日). “イモトアヤコが涙…『ソロモンの偽証』新映像”. シネマトゥデイ. https://www.cinematoday.jp/news/N0071207 2021年1月8日閲覧。 
  46. ^ 藤野涼子 (2019年5月22日). “舞台「私たちは何も知らない」”. 藤野涼子オフィシャルブログ「りょうこの歩き方」Powered by Ameba. 2021年3月20日閲覧。
  47. ^ 藤野涼子 (2015年4月2日). “藤野涼子です。”. 映画『ソロモンの偽証』出演者オフィシャルブログ Powered by Ameba. 2021年3月20日閲覧。
  48. ^ 藤野涼子 (2018年12月11日). PICK UP ACTRESS 藤野涼子. インタビュアー:斉藤貴志. HUSTLE PRESS.. https://hustlepress.co.jp/fujino_20181211_interview/ 2021年1月8日閲覧。 
  49. ^ 藤野涼子 (2018年12月11日). 【インタビュー】藤野涼子、音楽は「メモリー、思い出のようなもの」. インタビュアー:桂伸也. p. 2. MusicVoice.. https://www.musicvoice.jp/news/201812110109378/2/ 2021年1月8日閲覧。 
  50. ^ 井上健一 (2018年12月14日). “【インタビュー】『輪違屋糸里 京女たちの幕末』藤野涼子「この作品は私にとって、学生から大人へと考え方が変わる第一歩になりました」”. エンタメOVO (共同通信社). https://tvfan.kyodo.co.jp/feature-interview/interview/1173307 2021年1月8日閲覧。 
  51. ^ a b c 藤野涼子 (2015年3月5日). “藤野涼子です。 『ソロモンの偽証』期間限定ブログ、開廷!”. 映画『ソロモンの偽証』出演者オフィシャルブログ Powered by Ameba. 2021年3月20日閲覧。
  52. ^ “「海街diary」が5冠、「お盆の弟」が4冠”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社). (2015年12月5日). http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1575404.html 2015年12月5日閲覧。 
  53. ^ 毎日映画コンクール 大賞に橋口監督の「恋人たち」”. 毎日新聞 (2016年1月21日). 2016年1月21日閲覧。
  54. ^ 2015年度・受賞者”. おおさかシネマフェスティバル2016. 2016年2月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年11月6日閲覧。
  55. ^ 日本映画批評家大賞 2016公式サイト”. 日本映画批評家大賞. 2016年5月26日閲覧。
  56. ^ “17歳藤野涼子が万年筆の賞を受賞し「まさか選ばれるとは…」”. スポーツ報知 (報知新聞社). (2017年11月6日). オリジナルの2017年11月7日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20171107152920/http://www.hochi.co.jp/entertainment/20171106-OHT1T50127.html 2017年11月6日閲覧。 
  57. ^ “黒沢清×西島秀俊「クリーピー」に藤野涼子&笹野高史が出演、公開は2016年6月”. 映画ナタリー (株式会社ナターシャ). (2015年11月4日). http://natalie.mu/eiga/news/164930 2015年11月4日閲覧。 
  58. ^ 映画『クリーピー』ビジュアル公開 新キャストに藤野涼子&笹野高史”. ORICON STYLE (2015年11月4日). 2015年11月5日閲覧。
  59. ^ “山崎まさよし×篠原哲雄監督「影踏み」主題歌入り予告編&本ポスター完成!”. 映画.com. (2019年8月1日). https://eiga.com/news/20190801/2/ 2021年1月8日閲覧。 
  60. ^ 影踏み”. 藤野涼子オフィシャルブログ「りょうこの歩き方」Powered by Ameba (2018年10月16日). 2018年12月26日閲覧。
  61. ^ 福岡発地域ドラマ「たからのとき」”. 2016年11月1日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年11月1日閲覧。
  62. ^ “時代劇「冬の時代」に風穴なるか 松雪泰子、江口洋介主演の藤沢周平「橋ものがたり」”. アエラドット (朝日新聞出版). (2017年7月18日). https://dot.asahi.com/dot/2017071800114.html 2017年8月2日閲覧。 
  63. ^ “松雪泰子、藤野涼子と取っ組み合いのケンカ「感情がぶつかり合うようにやりたかった」”. 映画.com (株式会社エイガ・ドット・コム). (2017年9月5日). https://eiga.com/news/20170905/18/ 2020年8月30日閲覧。 
  64. ^ “藤野涼子 正月時代劇「家康、江戸を建てる『水を制す』(前編)」出演決定!!”. ケイファクトリー (株式会社 ケイファクトリー). (2018年7月5日). https://www.k-factory.net/information/act/post/11299 2018年12月26日閲覧。 
  65. ^ “「名古屋行き最終列車2019」追加キャスト発表!藤野涼子主演決定!Mr.マリックも「きてます」” (プレスリリース), 名古屋テレビ放送, (2019年2月19日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000494.000014977.html 2020年1月6日閲覧。 
  66. ^ “ほんとにあった怖い話:稲垣吾郎がクラブリーダー 佐藤健、佐々木蔵之介、鈴木保奈美ら出演のオムニバスドラマも 20周年SP12日放送”. まんたんウェブ (株式会社MANTAN). (2019年10月12日). https://mantan-web.jp/article/20191011dog00m200052000c.html 2021年1月8日閲覧。 
  67. ^ “佐藤流司が主演ドラマ「日暮里チャーリーズ」で七変化、IKKOや佐々木蔵之介も参加”. 映画ナタリー (株式会社ナターシャ). (2020年7月22日). https://natalie.mu/eiga/news/388744 2020年8月3日閲覧。 
  68. ^ “『竹内涼真の撮休』全8話のあらすじと共演者を発表 主題歌は平井大”. ORICON NEWS (oricon ME). (2020年9月26日). https://www.oricon.co.jp/news/2172931/full/ 2020年9月26日閲覧。 
  69. ^ “佐々木蔵之介が京都舞台のドラマで主演、藤野涼子、市川猿之助、結木滉星ら共演”. 映画ナタリー (ナターシャ). (2020年12月1日). https://natalie.mu/eiga/news/406837 2020年12月1日閲覧。 
  70. ^ “佐々木蔵之介&藤野涼子が父娘役 新ドラマ「ミヤコが京都にやって来た!」来年1月放送開始”. ザテレビジョン (KADOKAWA). (2020年12月1日). https://thetv.jp/news/detail/1012527/ 2020年12月1日閲覧。 
  71. ^ “佐々木蔵之介:地元・京都が舞台のドラマで主演 娘役・藤野涼子は人生初の髪染め、毛先がブルーに”. まんたんウェブ (株式会社MANTAN). (2020年12月1日). https://mantan-web.jp/article/20201130dog00m200069000c.html 2020年12月1日閲覧。 
  72. ^ “広瀬すず主演のSPドラマ『エアガール』に山崎紘菜、藤野涼子、中田クルミ、伊原六花が出演”. Real Sound (blueprint). (2021年2月7日). https://realsound.jp/movie/2021/02/post-703450.html 2021年2月7日閲覧。 
  73. ^ “藤野涼子「深夜食堂 Tokyo Stories Season2」出演決定!!”. ケイファクトリー (株式会社 ケイファクトリー). (2019年10月7日). https://www.k-factory.net/information/act/post/12751 2020年1月6日閲覧。 
  74. ^ 「愛しいクレアへ -冷蔵庫のうえの人生-」”. 兵庫県立芸術文化センター. 2021年1月8日閲覧。
  75. ^ “KAAT神奈川芸術劇場がお届けする、今までの常識を超える映像作品が誕生! 俳優 藤野涼子と分身ロボットOriHimeのリーディング公演を無料オンライン配信” (プレスリリース), KAAT神奈川芸術劇場 共生共創課, (2020年12月25日), https://www.value-press.com/pressrelease/261274 2021年1月8日閲覧。 
  76. ^ “佐々木蔵之介主演の舞台『佐渡島他吉の生涯』に石田明、壮一帆、谷村美月ら”. CINRA.NET (株式会社 CINRA). (2020年1月7日). https://www.cinra.net/news/20200107-sadojimatakichi 2020年1月7日閲覧。 
  77. ^ “PARCO劇場、オープニング・シリーズ『ピサロ』、『佐渡島他吉の生涯』などの公演を中止”. SPICE (イープラス). (2020年4月8日). https://spice.eplus.jp/articles/267600 2020年12月1日閲覧。 
  78. ^ “藤野涼子「難民110万人 ドイツの攻防~受け入れ支持vs反対の闘い」ナレーション出演決定!!”. ケイファクトリー (株式会社 ケイファクトリー). (2017年6月26日). https://www.k-factory.net/information/act/post/10220 2019年11月11日閲覧。 
  79. ^ “藤野涼子、まさかの全国展開に「恥ずかしい」”. テレ朝news (テレビ朝日). (2018年2月23日). オリジナルの2018年2月23日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20180223171653/https://news.tv-asahi.co.jp/news_geinou/articles/hot_20180223_110.html 2018年2月23日閲覧。 
  80. ^ “神奈川県選管、モデルに県出身女優・藤野さん ポスターやネット広告で投票呼びかけ”. 産経ニュース (産経新聞社). (2019年3月21日). https://www.sankei.com/region/news/190321/rgn1903210023-n1.html 2020年12月1日閲覧。 

関連項目[編集]