藤高俊彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
藤高 俊彦
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 1959年
選手情報
ポジション 投手
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

藤高 俊彦(ふじたか としひこ、1959年 - )は、元社会人野球選手(投手)。右投右打。

概要・人物[編集]

伊香高校では、3年時に1977年春の選抜に出場。1回戦で桜美林高に敗退するが、好投手として注目を集める[1]。同年夏は県予選準決勝で長浜商工ノーヒットノーランで降す。しかし決勝では比叡山高に敗れ、福滋大会には出場できなかった。

卒業後は社会人野球新日本製鐵広畑へ入社。1981年都市対抗西村基史と投の二本柱として出場。1完封1完投を含む3勝をあげ、東芝との準決勝でも先発するが、佐々木二三男(清工建設から補強)、黒紙義弘の継投に抑えられ敗退[2]1981年ドラフト5位で西武ライオンズに指名(阪急との競合)されるが入団を拒否。1983年都市対抗でも準決勝に進出、西村をリリーフし東芝の池田親興日産自動車から補強)、川端順と投げ合うがまたもや敗退した[2]。同年9月のアジア野球選手権ロス五輪アジア予選を兼ねる)日本代表に選出される。同年10月の社会人野球日本選手権も準決勝に進むが、住友金属に惜敗。その後も10年連続都市対抗野球大会出場等アマチュアで活躍した。

1981年ドラフトで西武として初の入団拒否となったが、ドラフト前からその旨を表明しており、その理由として「身体が固いため、故障しやすい」、「技術がまだプロで通用するとは思わない」、「性格的にプロ向きでない」の3つを本人は挙げていた。西武の担当スカウトで高校時代から注目していた浦田直治は、「西武の投手陣の高齢化」、「1位指名(伊東勤)と同じ契約金を出す」、「高卒だと会社にいても出世できないだろう」など様々な口説き文句を並べるが、本人の気持ちは変わらず、結局は入団には至らなかった。

脚注[編集]

  1. ^ 「選抜高等学校野球大会60年史」毎日新聞社編 1989年
  2. ^ a b 「都市対抗野球大会60年史」日本野球連盟 毎日新聞社 1990年

出典[編集]

  • 『江川になれなかった男たち-ドラフト外伝』・三一書房・岡邦行1983年、122~128ページ