藪原宿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
木曾街道六拾九次 藪原(渓斎英泉画)
藪原宿の町並み

藪原宿(やぶはらじゅく)は中山道35番目の宿場(→中山道六十九次)で、現在は長野県木曽郡木祖村

お六櫛が特産品。宿場北部の中山道は鉄道で寸断されている。

特徴[編集]

天保14年(1843年)の『中山道宿村大概帳』によれば、藪原宿の宿内家数は266軒、うち本陣1軒、脇本陣1軒、旅籠10軒で宿内人口は1,493人であった。

妻籠宿のお六という老婆が藪原宿で始めた「お六櫛屋」は物のよい櫛を売る店として評判だった[1](お六櫛は薮原で生産し続けられており、長野県知事指定の伝統工芸品になっている)。

最寄り駅[編集]

史跡・みどころ ・祭り[編集]

  • 尾張藩鷹匠役所跡 - 享保15年(1730年)設置
  • 飛騨街道・権兵衛街道分岐点
  • 本陣
  • 宮川家史料館(宮川漆器店)
  • 防火高塀跡
  • お六櫛問屋篠原商店
  • 高札場
  • 一里塚
  • 藪原祭り藪原神社例大祭

隣の宿[編集]

中山道
奈良井宿 - 藪原宿 - 宮ノ越宿

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『時代を変えた江戸起業家の 商売大事典』ISM Publishing Lab ゴマブックス株式会社, 2013「第3章見えないところにまで気を配る伊達男・伊達女を支えたアイデア 2.髪飾りも重要なアイテムだった」

参考文献[編集]

  • 児玉幸多 『中山道を歩く』 中公文庫、1988年 ISBN 4122015561