藪塚本町

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
本来の表記は「U+FA10 alt.svg本町」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。
藪塚本町
廃止日 2005年3月28日
廃止理由 新設合併
太田市、新田郡尾島町、新田郡新田町藪塚本町太田市
現在の自治体 太田市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 関東地方
都道府県 群馬県
新田郡
面積 20.97km²
総人口 18,996
(2005年3月1日)
隣接自治体 桐生市、太田市、伊勢崎市
新田郡新田町、新田郡笠懸町
町の木 赤松
町の花 春蘭
藪塚本町役場
所在地 379-2393
群馬県新田郡藪塚本町大字大原661-1
(現・群馬県太田市大原町661-1)
 表示ノート編集履歴 ウィキプロジェクト

藪塚本町(やぶづかほんまち)は、群馬県南東部、新田郡にあった人口約1万9千のである。 2005年3月27日に閉町した。

概要[編集]

古くは桐生織物を支える養蚕の村々であった。

1889年に藪塚・本町・山ノ神・大久保・六千石・寄合の6村が合併して成立した。その後、100年以上にわたり他の市町村との合併や町域の変更、町名の変更などは行なわなかった。元々は桐生広域圏ではあったため、当時の町長であった小川喜一は桐生市との合併を検討していたが、桐生広域は桐生競艇の存続の是非について桐生市と新田郡笠懸町が反目。大間々 + 笠懸と合併するか、桐生 + 太田の中核市に加わるかという住民投票を行い(桐生市は調整難航から中途離脱)、2005年3月28日に旧太田市、新田郡尾島町、新田郡新田町との合併により太田市となり消滅した。

距離的に太田市街地より桐生市街地に近く、方言(群馬弁:桐生弁)や生活地域などで深い関係性を持っている。後桐生氏は、滅亡後にこの地区に多く移り住んだとされ、今でも桐生姓が多いようである。

なお、町名のの正式な表記は、つくりの下部の3本のはらいのうち下2本をまたぐ点が入る旧字体「U+FA10 alt.svg」である(「U+FA10.svg」ではない)。

地理[編集]

隣接自治体[編集]

歴史[編集]

沿革[編集]

行政[編集]

町長[編集]

  • 桐生 博司(きりう ひろじ)

交通[編集]

鉄道[編集]

道路[編集]

高速道路[編集]

県道[編集]

観光[編集]

名所・旧跡[編集]

祭事・催事[編集]

  • 藪塚案山子まつり

関連項目[編集]