藪家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
藪家
(高倉家)
家紋
まるにだきぎょうよう
丸に抱き杏葉
本姓藤原南家武智麻呂流)
(藤原南家高倉流)
藤原北家閑院流四辻支流
家祖 藤原範季
種別 公家羽林家
華族子爵
出身地 山城国
主な根拠地 山城国
東京府
東京都
著名な人物 高倉篤麿
高倉公朋
支流、分家 中園家(羽林家)
高丘家(羽林家)
凡例 / Category:日本の氏族

藪家(やぶけ)(または、高倉家(たかくらけ))は、藤原北家閑院流四辻家支流(中絶するまでは藤原南家武智麻呂流(高倉流))の公家藤原南家の祖・藤原武智麻呂の子孫である藤原範季を祖とする。



概要[編集]

範季は、後白河院の近臣で、娘・範子が順徳天皇の生母となり、贈左大臣。高倉を号した。

家格羽林家。家業は神楽江戸時代の石高は初め180石。後に150石[1]

戦国時代天文15年(1546年)に参議・範久の時に中絶する。以後、複雑な経緯を辿る。まず下冷泉為豊の次男・範信(後の甘露寺経元)が当主となるが勅命で甘露寺家を継承したために中絶、次に勧修寺晴秀の次男・範将が当主になるも出奔して同行が不明となり、永禄8年(1565年)に高倉資政(元の中御門宣将・東坊城季長)が高倉家継承を命じられるも同年11月に急死して中絶、柳原淳光の子・範国が入るが天正12年(1584年)に賊に殺害されてまたも中絶、四辻公遠の三男範遠が継いだが後に山科家を継承する。しかし、弟にあたる公遠の八男嗣良がようやく再興を果たした[2]

その後、嗣良は家名を「高倉」から「藪」と改名する。その背景として前当主であった範遠が朝廷内の事情で山科家の当主を追われて「猪熊教利」と改名した後に猪熊事件を起こして処刑されたことを憚ったこと、加えて藤原南家流で参議を事実上の極官とする高倉家を放棄して、藤原北家閑院流四辻支流権大納言を極官とする四辻家の庶流になることで家格上昇を図ったものであったとみられる(「藪」は元々四辻家の別名の1つであったと言われる)。これによって、朝廷では藤原南家の旧家・高倉家は断絶して、閑院流の新家・藪家が創設されたとみなされた。だが、寛延3年(1750年)に桜町上皇一条兼香が制定した官位御定に旧家・新家の家格を昇進基準として導入され、権大納言まで昇り得た藪家は一転して寛永期創設の新家として三位への昇進も事実上不可能とされたのである[3]

明治維新後は篤麿子爵に叙せられ、侍従貴族院議員を務めた。篤麿は昭和11年(1936年)家名を元の高倉に改名している[4]

戦後は、伊勢神宮大宮司を務めた[5]公朋は、河鰭実英の三男。医師医学博士、専門は脳神経外科学東京大学名誉教授東京女子医科大学名誉教授、同学学長等を務めた[6]

系図[編集]

幕末の領地[編集]

国立歴史民俗博物館の『旧高旧領取調帳データベース』より算出した幕末期の藪家領は以下の通り。(5村・150石1斗1升7合)

  • 山城国愛宕郡一乗寺村のうち - 60石
  • 山城国葛野郡郡村のうち - 64石
  • 山城国葛野郡西八条村のうち - 18石6斗8升2合
  • 山城国葛野郡東寺廻りのうち - 2石4斗3升5合
  • 山城国紀伊郡吉祥院村のうち - 5石

脚注[編集]

  1. ^ 公卿類別譜(公家の歴史)藪
  2. ^ 林大樹 「堂上公家猪熊教利兄弟の経歴と家伝・家譜」(朝幕研究会編 『論集 近世の天皇と朝廷』 岩田書院、2019年、P220-221.
  3. ^ 林大樹 「堂上公家猪熊教利兄弟の経歴と家伝・家譜」(朝幕研究会編 『論集 近世の天皇と朝廷』 岩田書院、2019年、P230.
  4. ^ 藪家(羽林家)
  5. ^ 高倉篤麿/藪篤麿
  6. ^ 医師紹介:高倉 公朋:東京脳神経センター (日本語)
  7. ^ 四辻季経の四男。
  8. ^ 冷泉為豊の次男。
  9. ^ 柳原淳光の次男。
  10. ^ 四辻公遠の三男。
  11. ^ 四辻公遠の三男。先代・範遠の弟。
  12. ^ 清水谷雅季の三男。
  13. ^ 正親町公明の四男。
  14. ^ 勘解由小路光宙の長男。
  15. ^ 河鰭実英の三男。

出典[編集]