藪田貫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

藪田 貫(やぶた ゆたか、1948年 - )は、日本の歴史学者関西大学名誉教授。専門は日本近世史。

略歴[編集]

著作[編集]

単著[編集]

  • 『国訴と百姓一揆の研究』校倉書房、1992年
  • 『女性史としての近世』校倉書房、1996年
  • 『男と女の近世史』(日本の歴史)青木書店、1998年
  • 『女のいない世の中なんて―江戸再考』フォーラム・A、2003年
  • 『日本近世史の可能性』校倉書房、2005年
  • 『近世大坂地域の史的研究』清文堂出版、2005年
  • 『武士の町 大坂―「天下の台所」の侍たち』中公新書、2010年

編著[編集]

  • 『寛政十二年遠州漂着唐船万勝号資料 江戸時代漂着唐船資料集 6』関西大学出版部、1997年
  • 『天保上知令騒動記』清文堂出版、1998年
  • 『社会と秩序』青木書店、2000年
  • 『近世の畿内と西国』清文堂出版、2002

共編著[編集]

  • (石月静恵共編)『女性史を学ぶ人のために』世界思想社、1999年
  • 深谷克己共編)『展望日本歴史15 近世社会』東京堂出版、2004年
  • (奥村弘共編)『地域史の視点 近世地域史フォーラム2』吉川弘文館、2006年
  • 『大坂代官竹垣直道日記』1-4 編 松本望,内海寧子、松永友和校訂 関西大学なにわ・大阪文化遺産学研究センター 2007-10  
  • 『〈江戸〉の人と身分 1 都市の身分願望』宇佐美英機共編 吉川弘文館 2010
  • 『〈江戸〉の人と身分 4 身分の中の女性』柳谷慶子共編 吉川弘文館 2010 
  • 『大坂西町奉行新見正路日記』編著 清文堂出版 2010
  • 『長崎聖堂祭酒日記』若木太一共編著 関西大学東西学術研究所 2010
  • 『天草諸島の文化交渉学研究』(周縁の文化考証学シリーズ)荒武賢一朗,野間晴雄共編 関西大学文化交渉学教育研究拠点 2011
  • 『EUと日本学 「あかねさす」国際交流』浜本隆志共編著 芝井敬司,山本登朗,関屋俊彦,蜷川順子,マーク・メリ,森貴史著 関西大学出版部 2012