蘆名氏方

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
蘆名氏方
時代 戦国時代
生誕 永正13年(1516年
死没 永禄4年(1561年
改名 吉祥丸(幼名)→氏方
別名 東殿
官位 山城
氏族 蘆名氏
父母 父:蘆名盛舜、母:川野御前
兄弟 氏方盛氏、堀内近胤室

蘆名 氏方(あしな うじかた)は、戦国時代武士蘆名盛舜の庶長子。

略歴[編集]

蘆名氏は、桓武平氏系統の三浦氏の庶流。

永正13年(1516年)、蘆名盛舜の庶長子として誕生。母が遊女であったためか、弟・盛氏が誕生すると黒川城を出され、富田義実の元で養育された。

永禄4年(1561年)2月、盛氏が長沼実国を攻め黒川を留守にした際、義実父子らに奉じられ謀叛を企てるが、数日で鎮圧され、東山にて家臣と共に自害した。