蘆名盛信

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

蘆名 盛信(あしな もりのぶ、応永15年(1408年) - 宝徳3年3月18日1451年4月19日))は、室町時代中期の武将蘆名氏の第11代当主。通称は小次郎。官位は修理大夫下総など。第9代当主・蘆名盛政の子。兄に盛久、弟に金上盛興。妻は三浦高明の娘とも。子に盛詮

文安元年(1444年)に死去した兄から家督を譲られ、当主となった。兄と同様、在世時の動静は不明な点が多い。永享12年(1440年)6月、篠川御所足利満直を奥州の諸豪族が襲撃し、自害に追い込むという事件が発生しており、盛信もこれに追随した。宝徳3年(1451年)に没し、跡を子の盛詮が継いだ。