蘆名盛員

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
蘆名盛員
時代 鎌倉時代末期
生誕 弘安8年(1285年
死没 建武2年8月17日1335年9月4日
別名 蘆名判官
官位 遠江守
氏族 蘆名氏
父母 父:蘆名盛宗、母:未詳
正室奥州藤原氏の娘
継室:笹谷御前(笹谷氏の娘)
高盛、直盛

蘆名 盛員(あしな もりかず)は、鎌倉時代末期の武将蘆名氏の第6代当主。第5代当主・蘆名盛宗(次郎左衛門尉)の子。

通称は蘆名判官。父・盛宗の後を受けて当主となる。1333年、幕府軍の一員として上洛し、後醍醐天皇を追討しようとしたが、敗れた。1335年7月、北条時行中先代の乱を起こして挙兵すると、これに呼応して三浦時継らと共に鎌倉に赴いた。しかし同年8月、足利尊氏の反攻を受けて相模国片瀬川の戦いで戦死した。家督は蘆名直盛が継いだ。

生年には異説が多く、一説には1296年説もある。