蘇味道

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

蘇 味道(そ みどう、648年 - 705年)は、中国詩人趙州欒城県の出身。

略歴[編集]

若くから文名が高く、李嶠とともに「蘇李」とうたわれた。突厥族征討の軍に書記として参加し、才能を認められ、則天武后聖暦の初め(698年頃)には宰相となった。しかし明確な政策を持たず、自ら宰相は決断してはならぬ、ただ模稜(ごまかし)していればよいのだと言ったため、模稜宰相と呼ばれたと言う。また親の墓を作ろうとして人民の墓地を壊したり、宰相らしからぬ行為が多かったため罷免され、武后の政権が倒れるとともに眉州刺史に流され、更に益州に遷される途中で死んだ。

親族[編集]

兄弟[編集]

  • 蘇味玄(太子洗馬)

子女[編集]

  • 蘇佃(膳部員外郎)
  • 蘇份(蘇洵の先祖)
  • 蘇倜(兗州刺史)
  • 蘇倇(職方員外郎)

参考文献[編集]