蘭川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索
蘭川
蘭川 2006年6月撮影
田島橋から妻籠宿方面を望む
水系 一級水系 木曽川
種別 一級河川
延長 17.0 km
水源の標高 1,844 m
平均流量 -- /s
流域面積 72.0 km²
水源 床浪高原(長野県)
河口・合流先 木曽川(長野県)
流域 長野県
テンプレートを表示

蘭川(あららぎがわ)は、長野県木曽郡南木曽町を流れる木曽川水系一級河川

清流で、イワナアマゴウグイ等が棲息する釣りの名所。また5月から8月にかけてはカジカガエルの声も聞くことができる。

地理[編集]

長野県木曽郡南木曽町の東部、木曽山脈の床浪高原に源を発し西に流れる。富貴畑付近で与川峠からの長者畑川を併せ、蘭から深い谷間を抜ける。男埵川を合わせて間もなく北流に転じて妻籠へ入り、程なく関西電力妻籠発電所が現れる。妻籠市街の東を潤し、国道19号国道256号との交点である吾妻橋で木曽川に注ぐ。河口部にも蘭川発電所を有する。

歴史[編集]

中下流域には中山道が並行しており、妻籠宿は馬籠峠越えの宿場町として栄えた。また妻籠宿のやや上流、男埵川沿いには大妻籠の集落があり、ここでも宿泊が可能だった。

流域の自治体[編集]

長野県
木曽郡南木曽町

支流[編集]

  • 長者畑川
  • 男埵川(おだるがわ)

並行する交通[編集]

道路[編集]