蘭淑儀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

蘭淑儀(らん しゅくぎ、生没年不詳)は、前燕の文明帝慕容皝の妃嬪。後燕の成武帝慕容垂の母で、その即位後に皇后を追贈された。

生涯[編集]

慕容皝に嫁いで側室となった。326年(東晋咸和元年)、男子を1人産んだ。337年(東晋の咸康3年)、慕容皝は自ら燕王と称し前燕を建て、蘭氏も淑儀(嬪)に封じられた。

384年正月、子の慕容垂は燕王を自称、後燕を創建した。慕容垂は、兄の慕容儁(前燕の景昭帝)とその皇后可足渾氏の生前の所業に恨みを抱いており、嫡母である段氏(慕容儁の生母)に代えて実母の蘭氏に文昭皇后諡号を贈り、父帝の宗廟に配享した。

弟の蘭汗は、後燕の僭主となった。

男子[編集]

伝記資料[編集]