蘭陵笑笑生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内検索

蘭陵笑笑生(らんりょうしょうしょうせい、簡体字表記:兰陵笑笑生、本名不明、生没年不詳)は中国代の小説家文人。中国四大奇書の一つ『金瓶梅』の作者。『金瓶梅』が中国文学史上の傑作にも拘わらず、その実像はまったくわからない。中国では「蘭陵笑笑生は誰か」かは、現在にいたるまで論争が続いている。

蘭陵笑笑生は生きていたと推定される中国明代の、他の文人であったのではないかという別人説もある。中国金瓶梅学会の元副会長を務めた研究員、呉敢によれば、王世貞、賈三近、屠隆、李開先、徐渭、王稚登らが蘭陵笑笑生と同一人物ではないかという説を挙げている[1]

関連項目

  • 金瓶梅 - 作者の項目も参照。
  • 山東省 - 蘭陵は山東省の地名。金瓶梅にも山東省の方言がみられる。
  • 厳嵩 - 蘭陵笑笑生は厳嵩であったとされる説もある。逆に厳嵩を批判するために書かれたとも。
  • 四大奇書
  • 紅楼夢

参考文献


過去1時間の間にもっとも読まれた記事
自治大臣 角島灯台 ティミショアラ ク・ハラ 仲里依紗 形容動詞 KARA 冨永みーな ヒロミ 秋山成勲 S アルタイラ出血熱 キム・ジュヒョク 灯明台 米倉涼子 立花さや 乃木坂48 中出し 星空みちる 鍋島灯台
モバイル版goo wikipedia提供中!
↓↓↓下記QRコードからアクセス↓↓↓
モバイル版goo wikipedia QRコード
Wikipedia記事検索について