東莱温泉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
本来の表記は「東萊温泉」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。
東莱温泉の温泉街

東萊温泉동래온천、東萊溫泉、トンネおんせん)は大韓民国釜山広域市東莱区にある温泉

新羅時代から王族が利用したといわれる歴史ある温泉で、大都市の奥座敷になっているなど、日本の有馬温泉に似通っている点がある。

近くには釜山大学校や金剛公園がある。

歴史[編集]

1930年頃の東莱温泉

三国遺事には、683年の記事に新羅の宰相が東莱温泉に入浴した記事が載っている。東国与地勝覧(1481年編纂)の中に、新羅王がしばしば入浴のために行幸したとの記載がある。 その後、李氏朝鮮時代の末期から日本統治時代にかけて開発が行われ、現在では観光地として定着している。

泉質[編集]

  • 単純食塩泉(マグネシウム多し)

虚心庁[編集]

虚心庁(ホシンチョン)は、 4,000m2 以上の広大な施設を持つ健康ランド。巨大な浴場のほか、サウナ垢すりあり。

会社で知られる農心のホテルである「ホテル農心」の併設施設である。宿泊者以外でも利用可。

アクセス[編集]

ギャラリー[編集]

関連項目[編集]