虹ヶ丘団地

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

虹ヶ丘団地(にじがおかだんち)は、神奈川県川崎市麻生区虹ケ丘に所在する住宅団地である。

概要[編集]

1970年代1980年代に開発・分譲された。最寄駅は東急田園都市線あざみ野駅または小田急線柿生駅である。

特徴[編集]

一般的な都市郊外(現在は近郊ともいえる地域)の大型開発住宅地ある。バス便は豊富だが、できてから年数が経っていることと値段が高く新規に手が出しにくいことから少子高齢化が進んでしまっている。

交通[編集]

最寄駅は東急田園都市線あざみ野駅たまプラーザ駅、または小田急線新百合ヶ丘駅柿生駅。駅からは東急バス(小田急バスの路線も存在する)を利用でき、4つの駅に出ることができ通勤通学に便利。 また、マンモス団地ゆえに、隣接するすすき野団地も含めタウン内にはバス停が4箇所(虹が丘団地、すすき野二丁目、もみの木台、すすき野一丁目)設置されている。あざみ野駅までの所要時間は15分、新百合ヶ丘駅までの所要時間は25分ほどである。 鷺沼駅・あざみ野駅・たまプラーザ駅からは深夜バスも運行されている。

周辺施設[編集]

関連項目[編集]