虹彩毛様体炎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

虹彩毛様体炎(こうさいもうようたいえん、英Iridocyclitis)とは、虹彩(茶目)と虹彩に隣接する毛様体が炎症を起こすもの。ぶどう膜炎のうち主に虹彩に限局して起きるものを指す。

概要

虹彩と虹彩に隣接する毛様体が炎症を起こし、眼痛を伴うことが多い。視力低下、眼痛を訴え、結膜充血する。リウマチなどの全身疾患の一症状として起きるほか、局所的な感染症でも発病することがある。

治療

ステロイド剤や消炎鎮痛剤の点眼や内服で消炎させる。 炎症により虹彩と水晶体の癒着が起こることがあり、緑内障白内障などの原因となり、散瞳剤を用いて散瞳させる処置を行うこともある。

関連項目

今日は何の日(12月11日

もっと見る

「虹彩毛様体炎」のQ&A