虹組キララ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
虹組キララ
本名 本名非公開
別名義 キララ
キラ・キララ
月影キララ
生年月日 (1975-12-01) 1975年12月1日(43歳)[1]
言語 日本語
コンビ名 虹組キララと研究生(2009年 - 2012年)
アムール(2013年 - )
事務所 東村プロダクション
現在の代表番組 東村アキコと虹組キララの身も蓋もナイト
過去の代表番組 アキコとキララの身も蓋もナイト
他の活動 女優
配偶者 一般人(2016年2月 - )
公式サイト https://www.higashimura15.com/blank-12
テンプレートを表示

虹組キララ(にじぐみ キララ、1975年12月1日[1][2] - )は、東村プロダクション所属の日本のお笑い芸人[3]女優[4]である。別名義はキララキラ・キララ月影キララ

概要[編集]

以前は「星太朗」、「星きらら」の芸名で活動。女優業は「キララ」という芸名で活動していた。また「虹組キララ」は、キララが演じるキャラクターの一つで、宝塚の男役風のキャラクターのことを指す。虹組キララと名付けたのは、『エンタの神様』プロデューサーの五味一男である[5]。虹組キララはIKKANプロデュースの一つのキャラクターであった[6]が、後に芸人業も女優業も虹組キララの芸名が使用されている[3][4]

お笑いコンビ「アムール」では月影キララの芸名を使用[2]しており、現在は虹組キララと月影キララの芸名を使い分けて活動している。

人物[編集]

  • 身長158cm[7]バスト83cm、ウエスト62cm、ヒップ85cm[1]
  • ナチュラルメイクの顔が印象的。
  • 作・演出・プロデュースを手がけているのは、オフィス★怪人社代表のIKKAN[7]である。
  • ブログでは素顔も見せている。
  • 声優養成所に通っていたことがある[1]。その時の同期に奈良徹がいる。
  • 6年間お付き合いの合ったアムール・ロッキー(DB芸人・ウイス)と2016年2月に結婚。

略歴[編集]

  • デビューは2002年
  • キラ・キララ(虹組キララ)としてのデビューは2007年9月。オフィス★怪人社ライブにて[7]
  • 『onna2(おんなおんな)』という女性コンビのメンバーとしても活動[8]宝塚歌劇団男役風のタカラジェンヌキャラはそこから発生したものである。他に、マネージャーの細井ちゃん子とのコンビ『虹組』、「虹組研究生」の高円寺モテコとのコンビ『虹組キララと研究生』でも活動、ピン芸人のナッキィとのコンビ『なつ組キラリ』でも活動したことがある。これらコンビのネタでも同様にお客さんに振って、「ツッコミが遅〜い!」とお客さんに突っ込むネタを行っている。
  • 2008年6月、エンタの神様に虹組キララとして出演[9]
  • 2009年5月、お笑いコンビ『虹組キララと研究生』を結成[10]
  • 2012年10月、お笑いコンビ『虹組キララと研究生』を解散[11]
  • 2013年からは、男女コンビ『アムール』を組んで活動開始[2]。このコンビでは、『ガラスの仮面』の月影千草の様なキャラクターに扮してネタを行っている。

キャラクター設定[編集]

芸風[編集]

  • エンタの神様ではバラジェンヌのキャラクターで演じている。一連の流れは下の通り。
  1. 手にバラを持って登場。
  2. バラを上げ「ボンジュ〜ル」と言う。
  3. お客さんを指名し、まず名前をきく。どんな名前が返って来ても、勝手にフランス調の名前に変えている。
  4. 前触れもなくボケを入れ、「ツッコミが遅〜い!」とお客さんに突っ込む。

メディア出演[編集]

テレビ[編集]

インターネット[編集]

  • アキコとキララの身も蓋もナイト(まんだらけインターネットテレビMandaray、2007年7月8日 - 2007年10月28日)月1回不定期配信、全5回
  • 女子プロレス団体LLPW-Xのプレミアムイベントに出演(ニコニコ生放送、2012年2月14日)
  • 新DB芸人オーディション〜其の弐〜(YouTube、2016年9月26日)
  • 東村アキコと虹組キララの身も蓋もナイト(HIGASHIMURA PRODUCTIONポッドキャスト、2016年10月10日 - )週1回不定期配信
  • まろに☆え〜るTVーGT #16〜

(とちテレ公式チャンネル(とちぎテレビ)YouTube、2019年6月24日〜)

ライブ出演[編集]

お笑いライブ[編集]

  • M-1グランプリ 
    • 2008年は「虹組」で出場、2回戦まで進出。
    • 2009年は「虹組キララと研究生」で出場、3回戦まで進出。「なつ組キラリ」では2回戦まで進出。
  • 東京ビタミン寄席 3位
  • 雷ライブ(浅草東洋館)月1回レギュラー出演
  • エンタメヒットパレード(浅草東洋館)不定期出演
  • オフィス怪人社LIVE!(新宿Fu-)所属事務所ライブ
  • R藤本プレゼンツ DB芸人コントライブ「超コント伝説」(ルミネtheよしもと、2016年11月3日)

舞台[編集]

  • Wit Presents IKKAN Produceシアター【正太くんの青空】(2010年8月4日〜8日)
  • 発条ロールシアター第三回公演【ワンドロップ】(2010年4月1日〜4日)
  • 【脳の国のDr.シナプス】(2009年9月30日〜10月4日)
  • IKKAN Produceシアター【真夜中のファイル】(2009年4月15日〜19日)
  • Wit公演【マスカレード】(2009年1月15日〜19日)
  • 怪傑パンダース旗揚げ公演「パーフェクト・ヒーロー」(2011年2月16日〜20日、笹塚ファクトリー)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d オフィス★怪人社HPキララ プロフ”. 2018年3月7日閲覧。
  2. ^ a b c アムール”. 2016年10月22日閲覧。
  3. ^ a b IKKANが一生懸命コントを作るライブ”. 2016年11月22日閲覧。
  4. ^ a b あらためて宣伝”. 2016年11月22日閲覧。
  5. ^ お笑いポポロ増刊 2008年10月号 テレビ芸人オモロースペシャル』(麻布台出版社)より。
  6. ^ エンタの神様オンエア”. 2016年11月22日閲覧。
  7. ^ a b c d e f 虹組キララ”. 2016年10月22日閲覧。
  8. ^ 怪人社ライブ”. 2016年10月22日閲覧。
  9. ^ IKKANプロデュース・虹組キララ”. 2016年11月22日閲覧。
  10. ^ 虹組キララと研究生”. 2016年10月22日閲覧。
  11. ^ ご報告”. 2016年10月22日閲覧。

関連項目[編集]

  • IKKAN(虹組キララの、作家・演出家)