虹 (ゆずの曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ゆずシングル
初出アルバム『FURUSATO
B面 Re:スタート
リリース
ジャンル J-POP
レーベル セーニャ・アンド・カンパニー
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間2位(オリコン
  • デイリー1位(オリコン)
  • 2009年9月度月間9位(オリコン)
  • 2009年度年間89位(オリコン)
  • 2011年度年間55位 (iTunes Store) [1]
  • 2012年度年間75位 (iTunes Store)
  • 2009年度年間86位(レコチョク
  • 2010年度年間83位(レコチョク)
  • ゆず シングル 年表
    いちご
    (2009年)

    (2009年)
    桜会/マイライフ
    2010年
    FURUSATO 収録曲
    Overture
    〜FURUSATO〜
    (1)

    (Album Version)
    (2)
    逢いたい
    (3)
    YUZU YOU [2006-2011] 収録曲

    (1)
    桜会
    (2)
    テンプレートを表示

    」(にじ)は、ゆずの楽曲で、通算29枚目のシングル2009年9月2日に発売。発売元はセーニャ・アンド・カンパニー

    概要[編集]

    2009年3作目のシングルで、アルバム『FURUSATO』の先行シングルである。

    オリコンチャートにおける初動売上は2作連続で5万枚を下回り、累計売上は10万枚を下回ったが、チャートへの登場回数では、2004年の「栄光の架橋」に次いで2番目に多い33週を記録した。

    収録曲[編集]

    1. 作詞・作曲:北川悠仁 / Produced by 蔦谷好位置 & ゆず / ストリングスアレンジ:弦一徹
      日本生命の企業イメージCM「浅田真央 たくさんの支え」「上村愛子 母の言葉」「松本哲也 大きな記事」「栗原恵 帰る場所」版(具体的な商品名は提示されない)でタイアップに使用された。
      ホームページでは「重厚なストリングスサウンドが圧倒的なスケール感を誇る珠玉のナンバー」と称されている。
      2009年1月から製作に入り(デモバージョンが2009年1月20日に収録)、その後完成までに約半年以上もの期間を費やしたため、結果的にゆずの曲の中で最も製作に時間をかけることとなった(のちに「Hey和」が記録更新)。北川は「製作段階から手ごたえを感じ、二人で歌ったときもこの曲が2人の新たな代表曲になるんじゃないかと思い、大切に作ろうと思った」と語っている[いつ?]
      中居正広SMAP)は発売当時からこの曲を好んで聴いていることを公言している[いつ?]。中居によると普段は自分の車内では洋楽しか流していなかったが、久々に車内で流した邦楽がこの曲であったという(本人曰くKANの「愛は勝つ」以来)。また、中居が司会を務めるTBS系列の音楽番組『ザ・ミュージックアワー』にゆずが出演した際[いつ?]、元々は収録時間の都合でラストサビを含めないショートバージョンの「虹」を披露する予定だったのだが、中居たっての希望で急遽ラストサビを含めたバージョンに変更して披露された[出典無効]
      「虹」のデモバージョンが「桜会/マイライフ」の特典となっている。デモバージョンの段階ではDメロは存在していなかった。
    2. Re:スタート
      作詞・作曲:岩沢厚治 / Produced by 寺岡呼人 & ゆず

    テレビ出演[編集]

    PV出演[編集]

    カバー[編集]

    出典[編集]