虻川

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
虻川
水系 一級水系 天竜川
種別 一級河川
延長 -- km
水源の標高 -- m
平均流量 -- /s
流域面積 -- km²
水源 豊丘村神稲
河口・合流先 天竜川
流域 長野県豊丘村
テンプレートを表示

虻川(あぶがわ)は、長野県下伊那郡豊丘村を流れる天竜川水系一級河川である。

地理[編集]

鬼面山西方の豊丘村北山、本谷にある、いくつかの沢に源を発し、林道大島虻川線をそって流れ、天竜川に合流する。

山間部に位置する上流の険しい渓谷は夏はレジャースポットとして、秋は紅葉の名所としてにぎわう。

流域の観光地[編集]

  • 野田平キャンプ場
  • 大明神淵 - 坂島トンネル北側の虻川渓谷一帯。豊丘村の名勝地として文化財に指定されている。
  • 巨大ポットホール - 2004年7月に豊丘村のアマチュア写真家によって発見され、各種マスコミに取り上げられて話題となった。大明神淵にあり、甌穴は滝壺型で日本最大級とされる。甌穴内部には、盤を削ったドリルストーンも確認できる。豊丘村指定文化財。
  • 新九郎の滝-最上流
  • 餓鬼ヶ童の滝
  • コブシの群生林-野田平の虻川沿岸一帯斜面3haに渡る村花であるコブシの群生林。村指定文化財。
  • トチノキ-林道終点の鬼面山への登山道脇。村指定文化財。

橋梁[編集]

  • 大虻川橋(川から相当の高さがある)
  • 虻川橋
  • 新虻川橋