虻田洞爺湖インターチェンジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Camera-photo Upload.svg 画像提供依頼:インターチェンジ施設の画像提供をお願いします。2016年3月
虻田洞爺湖インターチェンジ
虻田洞爺湖インターチェンジ・出口-1(上り線).jpg
虻田洞爺湖IC・出口(上り線(函館方向))
所属路線 E5 道央自動車道
IC番号 14
料金所番号 05-213
本線標識の表記 国道230号標識国道37号標識 虻田洞爺湖
起点からの距離 146.7 km(札幌JCT起点)
伊達IC (13.6 km)
(8.1 km) 豊浦噴火湾PA
接続する一般道 国道230号標識国道230号
Japanese Route Sign Number 5.svgJapanese Route Sign Number 7.svgJapanese Route Sign Number 8.svg
北海道道578号標識
北海道道578号洞爺虻田線
供用開始日 1994年3月30日
通行台数 939台/日(2008年6月度)
所在地 049-5602
北海道虻田郡洞爺湖町三豊
テンプレートを表示

虻田洞爺湖インターチェンジ(あぶたとうやこインターチェンジ)は、北海道虻田郡洞爺湖町三豊にある道央自動車道インターチェンジである。

上り線(長万部方向)の場合、豊浦市街への最寄ICとなっている。

移設前の旧IC出口は閉鎖され「ここでは出られません」の標識が立つ(左:上り線、右:下り線) 移設前の旧IC出口は閉鎖され「ここでは出られません」の標識が立つ(左:上り線、右:下り線)
移設前の旧IC出口は閉鎖され「ここでは出られません」の標識が立つ(左:上り線、右:下り線)

歴史[編集]

供用開始当初は、現在の位置よりも2.3kmほど室蘭方面寄り(豊浦ICから15.5km、伊達ICから11.3km)に設けられていたが、2007年12月21日の国道230号新ルート開通に伴い、当ICも新ルート上(洞爺湖町三豊の三豊トンネルと青葉トンネルの間)に移設された[1][2]

  • 1994年(平成6年)3月30日伊達IC - 虻田洞爺湖IC間が開通。
  • 2000年(平成12年)
  • 2001年(平成13年)
    • 2月9日 : 伊達IC - 虻田洞爺湖IC間が復旧[4]
    • 6月30日 : 虻田洞爺湖IC - 虻田洞爺湖仮出入口間が復旧[4]
  • 2007年(平成19年)12月21日 : 国道230号の新ルート上にICを移設[1]し、旧ICは廃止された。なお、IC間の距離が変わったために一部区間の料金が改定された[5]
  • 2018年(平成30年)12月 : IC番号が「13」から「14」に変更[注 1]

周辺[編集]

接続する道路[編集]

料金所[編集]

  • ブース数:3

入口[編集]

  • ブース数:1
    • ETC・一般:1

出口[編集]

  • ブース数:2
    • ETC専用:1
    • 一般:1

[編集]

E5 道央自動車道
(13)豊浦IC - 豊浦噴火湾PA(噴火湾展望公園) - (14)虻田洞爺湖IC - (15)伊達IC

その他[編集]

通常の「方面、車線及び出口の予告」標識はIC出口の1 kmと500 m手前に設けられる事が多いが、虻田洞爺湖ICの上り線(函館方向)には手前に洞爺トンネルが、下り線(札幌方向)には手前に虻田トンネルと青葉トンネルがあるため、上り線の洞爺トンネル手前に1.6 km・洞爺トンネルを抜けた直後の橋梁直前に300mの標識と、下り線の虻田トンネル手前に1.5km・青葉トンネル直前に700 mの標識を設置している。

虻田洞爺湖ICの、上り線(函館方面)側手前5 kmと下り線(札幌方面)側手前2kmに設置の「方面と距離」標識下部に英文の補助標識が取り付けられているが、これは2008年7月7日から7月9日まで行われた洞爺湖サミットに合わせ、開催直前に追加された物である。なお、上り側5km手前の標識は旧虻田洞爺湖ICの手前2 kmを示す「方面と距離」標識を現ICの距離に置き換えた物である。

脚注[編集]

[ヘルプ]

[編集]

  1. ^ ハイウェイウォーカー北海道版2018年11月号においては従来の番号が記載[6]、2018年12月号では新しい番号が記載されている[7]

出典[編集]

  1. ^ a b “道央自動車道 虻田洞爺湖ICを移設します 〜国道230号新ルートに直結し洞爺湖へのアクセスが便利に〜” (プレスリリース), 東日本高速道路北海道支社, (2007年11月22日), http://www.e-nexco.co.jp/pressroom/press_release/hokkaido/h19/1122b/ 2014年8月15日閲覧。 
  2. ^ なお、旧設備の一部(受変電設備、料金所等)は黒松内JCTに再利用されている。
  3. ^ 建設省の対応”. 国土交通省. 2014年9月8日閲覧。
  4. ^ a b c 有珠山噴火による縦貫道の被災と復旧 (PDF)”. 北の交差点 Vol.9 SPRING -SUMMER 2001. 北海道道路管理技術センター. 2014年9月8日閲覧。
  5. ^ “道央道・虻田洞爺湖IC、来月21日に開設”. 室蘭民報 (室蘭民報社). (2007年11月28日). http://www.muromin.mnw.jp/murominn-web/back/2007/11/28/20071128m_06.html 2014年9月8日閲覧。 
  6. ^ 2018年度『Highway Walker』北海道版 11月号(No.38) 北海道エリアマップ (PDF)”. NEXCO東日本. 2019年9月28日閲覧。
  7. ^ 2018年度『Highway Walker』北海道版 12月号(No.39) 北海道エリアマップ (PDF)”. NEXCO東日本. 2019年9月28日閲覧。

関連項目[編集]