蛇を踏む

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
蛇を踏む
著者 川上弘美
発行日 1996年
日本
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

蛇を踏む』(へびをふむ)は川上弘美短編小説で、1996年(平成8年)に発表され、第115回(1996年)芥川龍之介賞を受賞している。

概要[編集]

初出は「文學界」1996年3月号。同年9月に文藝春秋より単行本を刊行。『消える』『惜夜記』を併録。

あらすじ[編集]

ヒワ子は藪の中で蛇を踏んでしまった。踏んでしまった蛇は人間の女に変身し、ヒワ子の部屋に住み着いてヒワ子の母だと名乗り始めた。

選考委員の評価[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]

芥川賞-選評の概要-第115回|芥川賞のすべてのようなもの