蛯名正義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
蛯名正義
Masayoshi-Ebina.jpg
2009年阪神JF表彰式
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 北海道[1]札幌市白石区
生年月日 (1969-03-19) 1969年3月19日(52歳)
身長 162cm[1]
体重 51kg[1]
血液型 A型[1]
騎手情報
所属団体 JRA
所属厩舎 美浦・矢野進(1987.3 - 1994.6)
美浦・フリー(1994.6 - 2021.2)
初免許年 1987年
免許区分 平地[2]
騎手引退日 2021年2月28日
テンプレートを表示

蛯名 正義(えびな まさよし、1969年3月19日 - )は、JRA所属の元騎手で現在は調教師。2001年度の全国リーディングジョッキーであり[3]、2012年に史上7人目のJRA2000勝を達成した関東のトップジョッキーである[4][5]

人物[編集]

北海道[4]札幌市白石区出身。グリーングラスが勝利した菊花賞を見て騎手を志す[6]

小学生のときに足の難病を発症するが、その時に入院していた病院に当時読売ジャイアンツに在籍していた王貞治が慰問、じゃんけんを勝ち抜き抱っこしてもらう。後に騎手となった際に王とは再会を果たすことになる。[7]

その後、病気は奇跡的に回復し、札幌市立東白石中学校卒業後に競馬学校入り。1986年度卒業の競馬学校3期生であり、同期に武豊がいる[8]

競馬学校卒業後の1987年に矢野進厩舎からデビュー[4][6]。初騎乗は同年3月1日、中山競馬場第5競走の新馬戦で、14番人気アイガーターフに騎乗して人気通りの14着に敗れた[9][10]。同年4月12日、同じく中山での未勝利戦で2番人気ダイナパッションに騎乗して初勝利[9][11]。この年、蛯名は30勝を挙げて新人騎手賞を受賞した[6]。2001年には133勝を挙げて全国リーディングジョッキー[3]。2012年には史上7人目のJRA通算2000勝を達成している[5]

2021年度の新規調教師免許試験に合格したため、2021年2月28日をもって騎手を引退し翌3月1日より調教師に転身する[12]。最終日には中山競馬場のウイナーズサークルで引退式が行われた[13]。但し、新型コロナウイルス緊急事態宣言発令に伴う無観客開催の為、YouTube Liveで生配信された。

愛称は「エビショー」[14]。夫人は元土曜競馬中継司会者の石森かずえ[15]。調教師の蛯名信広は遠縁にあたる[16]

重賞勝利[編集]

アパパネ(2010年秋華賞)

デビューから6年目の1992年、フェブラリーハンデキャップ(GIII)をラシアンゴールドとのコンビで制し、重賞初勝利を挙げる[4][6]。GI初勝利はバブルガムフェローに騎乗した天皇賞(秋)である[4]。その後、JRAのGI勝利は26まで積み重ねた。これは日本競馬歴代6位の記録である。

クラシックではアパパネとのコンビで秋華賞を含む2010年の牝馬三冠を勝利[6][17]したほか、ウメノファイバーで1999年の優駿牝馬を勝利[18][19][20]。牡馬ではマンハッタンカフェで2001年の菊花賞[6][21]イスラボニータで2014年の皐月賞を勝利している[22]東京優駿は1991年の初騎乗(シャコーグレイド)以来、30年で25回騎乗し、2、3着がそれぞれ2度ずつあったが、ダービージョッキーの称号にはとうとう手が届かなかった[23][24]。今後は調教師として勝利を目指すことになる。

海外遠征[編集]

エルコンドルパサー(1999年引退式)

海外遠征での実績は、日本人騎手としてトップの成績を残している。1995年、フジヤマケンザンに騎乗した香港国際カップで海外重賞を初勝利[6]

1998年より的場均に代わってエルコンドルパサーの主戦騎手となり[6]、同馬とのコンビでサンクルー大賞を勝利し[25][26]凱旋門賞を2着した[6][27]。2000年夏にはアメリカ合衆国東海岸へ長期遠征[28]

2010年、2011年にはナカヤマフェスタに騎乗し、エルコンドルパサーを管理した二ノ宮敬宇調教師とのコンビで再びフランスに遠征[29]。2010年のフォワ賞、凱旋門賞を2着した[30][31]

GI競走勝利一覧(年度別)[編集]

マンハッタンカフェ(2002年天皇賞(春))
フェノーメノ(2013年天皇賞(春))
ディーマジェスティ(2016年皐月賞)

斜字は統一GI太字は海外G1を指す。

日付 競馬場・開催 競走名 馬名 頭数 人気 着順
初騎乗 1987年3月1日 2回中山2日目 4歳新馬 アイガーターフ   15頭 14 14着
初勝利 1987年4月12日 3回中山6日目 4歳未勝利 ダイナパッション 8頭 2 1着
重賞初騎乗 1987年7月5日 1回福島6日目 ラジオたんぱ賞 ハマナスニゾン 8頭 7 8着
重賞初勝利 1992年2月22日 1回東京7日目 フェブラリーH ラシアンゴールド 16頭 10 1着
GI初騎乗 1989年4月16日 3回中山8日目 皐月賞 リアルビクトリ 20頭 11 17着
GI初勝利 1996年10月27日 5回東京8日目 天皇賞(秋) バブルガムフェロー 17頭 3 1着

表彰歴[編集]

テレビ出演[編集]

著書[編集]

  • 冷めて、静かに、熱くなれ : 蛯名正義フォトエッセイ(語り下ろし、島田明宏構成・文、講談社、2000年、ISBN 4-06-330093-5)
  • 正義の競馬(集英社、2002年、ISBN 4-08-780367-8)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d 蛯名正義のプロフィール|競馬データベース - netkeiba.com”. netkeiba.com. 2019年10月21日閲覧。
  2. ^ 平成28年度 騎手免許試験合格者 (PDF)”. 日本中央競馬会 (2016年2月11日). 2016年3月25日閲覧。
  3. ^ a b 2001年度 リーディングジョッキー(全国)”. 日本中央競馬会. 2015年6月12日閲覧。
  4. ^ a b c d e 今週の注目レース-ワールドスーパージョッキーズシリーズ”. 日本中央競馬会. 2015年6月12日閲覧。
  5. ^ a b “蛯名正義騎手、JRA通算2000勝達成”. netkeiba. (2012年1月21日). http://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=61287 2015年6月12日閲覧。 
  6. ^ a b c d e f g h i 蛯名正義騎手インタビュー(前編)”. 競馬ラボ (2009年9月6日). 2015年6月12日閲覧。
  7. ^ wao_o (1171897201). “蛯名正義騎手がホークス宮崎キャンプを訪問 子供の頃王監督に……” (日本語). 座布団が行司にクリーンヒット. 2021年4月28日閲覧。
  8. ^ 騎手卒業生名簿”. 日本中央競馬会. 2015年6月12日閲覧。
  9. ^ a b 蛯名 正義”. Yahoo!競馬. 2015年6月12日閲覧。
  10. ^ 競馬 - サラ系4歳新馬 結果”. Yahoo!競馬. 2015年6月12日閲覧。
  11. ^ 競馬 - サラ系4歳未勝利 結果”. Yahoo!競馬. 2015年6月12日閲覧。
  12. ^ 2021年度 新規調教師免許試験合格者 JRA”. www.jra.go.jp. 2020年12月10日閲覧。
  13. ^ 【JRA】蛯名正義騎手の引退式を28日に実施 | 競馬ニュース” (日本語). netkeiba.com. 2021年2月21日閲覧。
  14. ^ ホースライダーズ スペシャルサイト スペシャル”. コナミ. 2015年6月12日閲覧。
  15. ^ 矢野吉彦 (2015年4月4日). “25年前と今”. netkeiba. 2015年6月12日閲覧。
  16. ^ “障害練習中まさか…馬に蹴られ蛯名信広師死亡”. スポーツニッポン. (2009年4月4日). http://www.sponichi.co.jp/gamble/news/2009/04/04/kiji/K20090404Z00002080.html 2015年6月12日閲覧。 
  17. ^ a b “アパパネ快勝、牝馬3冠達成/秋華賞”. 日刊スポーツ. (2010年10月17日). http://www.nikkansports.com/race/news/f-rc-tp0-20101017-691274.html 2015年6月12日閲覧。 
  18. ^ a b 伊熊恒介「オークス ウメノファイバー 2000年のキーワード―エビショー、府中、ユタカオー産駒」『競馬名馬&名勝負年鑑1999-2000』宝島社別冊宝島492〉、2000年、100-101頁。ISBN 4-7966-9492-7。
  19. ^ a b 第60回優駿牝馬(G1)”. netkeiba. 2015年6月12日閲覧。
  20. ^ a b 11R オークス|1999年5月30日(日)3回東京4日”. 日本軽種馬協会. 2015年6月27日閲覧。
  21. ^ 名馬の軌跡マンハッタンカフェ”. 日本中央競馬会. 2015年6月12日閲覧。
  22. ^ a b 第74回 皐月賞”. 日本中央競馬会. 2015年6月12日閲覧。
  23. ^ “【ダービー記者ゴルゴ(前編)】蛯名正義騎手に直撃”. サンケイスポーツ. (2015年5月25日). http://race.sanspo.com/keiba/news/20150526/etc15052610220006-c.html 2015年6月12日閲覧。 
  24. ^ GJ編集部 (2021年2月26日). “JRA蛯名正義「悔し過ぎて何も言いたくない」日本ダービーで取材拒否……「このレースだけは結果が全て」すべてが完璧だった男と、自らを「騎手失格」と称した男を分けた明暗”. GJ (GH). https://biz-journal.jp/gj/2021/02/post_210399.html 2021年2月28日閲覧。 
  25. ^ a b 合田直弘「サンクルー大賞 遠征の成否を分ける剣が峰の勝利」『競馬名馬&名勝負年鑑1999-2000』宝島社〈別冊宝島492〉、2000年、24-25頁。ISBN 4-7966-9492-7。
  26. ^ a b Results From The 3.10 Race At Saint-cloud (FR) 4 July 1999” (英語). レーシング・ポスト. 2015年6月27日閲覧。
  27. ^ 栗山求「凱旋門賞 限りなく勝利に近い2着」『競馬名馬&名勝負年鑑1999-2000』宝島社〈別冊宝島492〉、2000年、20-22頁。ISBN 4-7966-9492-7。
  28. ^ 『デイリースポーツ馬三郎』2000年9月9日、2面。
  29. ^ 名馬の軌跡エルコンドルパサー”. 日本中央競馬会. 2015年6月12日閲覧。
  30. ^ 蛯名正義/ナカヤマフェスタとアパパネを語る”. UMAJIN (2011年9月9日). 2015年6月12日閲覧。
  31. ^ ナカヤマフェスタ 競走成績”. 日本軽種馬協会. 2015年6月12日閲覧。
  32. ^ 10R 天皇賞(秋)|1996年10月27日(日)5回東京8日”. 日本軽種馬協会. 2015年6月27日閲覧。
  33. ^ 10R ジャパンC|1998年11月29日(日)5回東京8日”. 日本軽種馬協会. 2015年6月27日閲覧。
  34. ^ 木村光男「安田記念 エアジハード “栗毛の法則”の裏に隠された、走る馬の条件」『競馬名馬&名勝負年鑑1999-2000』宝島社〈別冊宝島492〉、2000年、104-105頁。ISBN 4-7966-9492-7。
  35. ^ 11R 安田記念|1999年6月13日(日)3回東京8日”. 日本軽種馬協会. 2015年6月27日閲覧。
  36. ^ 藤森貞治「マイルCS エアジハード 挑戦者をビビらせたエアジハードの一言」『競馬名馬&名勝負年鑑1999-2000』宝島社〈別冊宝島492〉、2000年、104-105頁。ISBN 4-7966-9492-7。
  37. ^ 11R マイルChS|1999年11月21日(日)5回京都6日”. 日本軽種馬協会. 2015年6月27日閲覧。
  38. ^ 9R 帝王賞(中央交流)|2000年6月22日(木)5回大井4日”. 日本軽種馬協会. 2015年6月27日閲覧。
  39. ^ 9R 東京大賞典(中央交流)|2000年12月29日(金)16回大井3日”. 日本軽種馬協会. 2015年6月27日閲覧。
  40. ^ 11R 高松宮記念|2001年3月25日(日)1回中京8日”. 日本軽種馬協会. 2015年6月27日閲覧。
  41. ^ 11R スプリンターズS|2001年9月30日(日)4回中山8日”. 日本軽種馬協会. 2015年6月27日閲覧。
  42. ^ 11R 菊花賞|2001年10月21日(日)4回京都6日”. 日本軽種馬協会. 2015年6月27日閲覧。
  43. ^ 8R JBCスプリント(中央交流)|2001年10月31日(水)13回大井3日”. 日本軽種馬協会. 2015年6月27日閲覧。
  44. ^ 9R 有馬記念|2001年12月23日(日)5回中山8日”. 日本軽種馬協会. 2015年6月27日閲覧。
  45. ^ 11R 天皇賞(春)|2002年4月28日(日)3回京都4日”. 日本軽種馬協会. 2015年6月27日閲覧。
  46. ^ 11R マイルChS|2002年11月17日(日)5回京都6日”. 日本軽種馬協会. 2015年6月27日閲覧。
  47. ^ 11R 朝日杯フューチュリティS|2006年12月10日(日)5回中山4日”. 日本軽種馬協会. 2015年6月27日閲覧。
  48. ^ 9R 有馬記念|2007年12月23日(日)5回中山8日”. 日本軽種馬協会. 2015年6月27日閲覧。
  49. ^ 11R 阪神ジュベナイルフィリーズ|2009年12月13日(日)5回阪神4日”. 日本軽種馬協会. 2015年6月27日閲覧。
  50. ^ 10R 桜花賞|2010年4月11日(日)2回阪神6日”. 日本軽種馬協会. 2015年6月27日閲覧。
  51. ^ 11R オークス|2010年5月23日(日)3回東京2日”. 日本軽種馬協会. 2015年6月27日閲覧。
  52. ^ 11R 秋華賞|2010年10月17日(日)5回京都4日”. 日本軽種馬協会. 2015年6月27日閲覧。
  53. ^ 11R ヴィクトリアマイル|2011年5月15日(日)2回東京8日”. 日本軽種馬協会. 2015年6月27日閲覧。
  54. ^ 11R 天皇賞(春)|2013年4月28日(日)3回京都4日”. 日本軽種馬協会. 2015年6月27日閲覧。
  55. ^ 11R 皐月賞|2014年4月20日(日)3回中山8日”. 日本軽種馬協会. 2015年6月27日閲覧。
  56. ^ 11R 天皇賞(春)|2014年5月4日(日)3回京都4日”. 日本軽種馬協会. 2015年6月27日閲覧。
  57. ^ 11R 阪神ジュベナイルフィリーズ|2014年12月14日(日)5回阪神4日”. 日本軽種馬協会. 2015年6月27日閲覧。
  58. ^ 11R 朝日杯フューチュリティS|2014年12月21日(日)5回阪神6日”. 日本軽種馬協会. 2015年6月27日閲覧。
  59. ^ 11R エリザベス女王杯|2015年11月15日(日)5回京都4日”. 日本軽種馬協会. 2015年11月19日閲覧。
  60. ^ 11R 皐月賞|2016年4月17日(日)3回中山8日”. 日本軽種馬協会. 2016年4月18日閲覧。
  61. ^ 第57回 宝塚記念”. 日本中央競馬会. 2016年6月26日閲覧。
  62. ^ 【JBCレディスクラシック】砂の女王ホワイトフーガ連覇 史上2頭目の快挙netkeiba.com、2016年11月4日閲覧
  63. ^ 平成26年度 民放記者クラブ賞について (PDF)”. 日本中央競馬会. p. 2. 2015年6月12日閲覧。
  64. ^ a b c JRA賞 バックナンバー”. 日本中央競馬会. 2015年6月12日閲覧。
  65. ^ a b ニュースぷらざ”. ケイバブック. 2015年6月27日閲覧。
  66. ^ アラカルト”. 競馬ニホン. 2002年7月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年6月27日閲覧。 “東京競馬記者クラブ賞に蛯名騎手”
  67. ^ アラカルト”. 競馬ニホン. 2002年7月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年6月27日閲覧。 “蛯名騎手に東京競馬記者クラブ賞”
  68. ^ 「東京競馬記者クラブ賞」はアパパネが受賞”. 競馬ラボ. 2015年6月27日閲覧。
  69. ^ 2014年度「東京競馬記者クラブ賞」は蛯名 正義騎手が受賞日本中央競馬会 2015年6月12日閲覧
  70. ^ JRAヒストリー 2003-1994”. 日本中央競馬会. 2015年6月27日閲覧。
  71. ^ 2010年受賞者”. 日本プロスポーツ協会. 2015年6月27日閲覧。
  72. ^ 平成8年度 厩舎関係者表彰受賞者”. 競馬ニホン. 1997年6月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年6月27日閲覧。
  73. ^ アラカルト”. 競馬ニホン. 2002年7月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年6月27日閲覧。 “1999年度代表馬にエルコンドルパサー”
  74. ^ 平成13年度厩舎関係表彰者決まる”. ケイバブック. 2015年6月27日閲覧。
  75. ^ 平成14年度厩舎関係者表彰決まる”. ケイバブック. 2015年6月27日閲覧。
  76. ^ 平成15年度厩舎関係者表彰決まる”. ケイバブック. 2015年6月27日閲覧。
  77. ^ 藤沢和調教師11度目の全国首位”. ケイバブック. 2015年6月27日閲覧。
  78. ^ a b 2010年度JRA厩舎関係者表彰の受賞者が決定”. 日経ラジオ社 (2011年1月4日). 2015年6月27日閲覧。
  79. ^ 2011年度 JRA厩舎関係者表彰の受賞者が発表”. UMAJIN (2012年1月4日). 2015年6月27日閲覧。
  80. ^ a b 平成24年度厩舎関係者表彰受賞者”. ケイバブック (2013年1月4日). 2015年6月27日閲覧。
  81. ^ 「ニュース&インフォメーション『1989年度厩舎関係者定期表彰』」『優駿』1990年2月号、174頁。
  82. ^ 「JRA News『JRAの表彰規則による厩舎関係者の表彰』」『優駿』1994年2月号、173-174頁。
  83. ^ 平成9年度厩舎関係表彰者決まる”. ケイバブック. 2015年6月27日閲覧。
  84. ^ 平成16年度厩舎関係表彰者決まる”. ケイバブック. 2015年6月27日閲覧。
  85. ^ NHKアーカイブス保存番組検索結果詳細”. 日本放送協会. 2015年6月27日閲覧。
  86. ^ 武豊TV!II - フジテレビONE/TWO/NEXT(ワンツーネクスト)”. フジテレビジョン. 2015年6月27日閲覧。

関連項目[編集]