出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内, 検索
蜀漢
後漢 221年 - 263年 魏 (三国)
蜀の位置
蜀の領域(左下赤)。
公用語 漢語(中国語
首都 成都
皇帝
221年 - 223年 劉備
223年 - 263年 劉禅
変遷
建国 221年
魏によって滅亡 263年
中国の歴史
元謀藍田北京原人
神話伝説三皇五帝
黄河長江遼河文明
西周
東周 春秋
戦国
前漢
後漢
三国
西晋
東晋 十六国
南北朝 北魏
西魏 東魏
北周 北斉
 
 
五代十国
北宋 西夏
南宋
北元
後金  
満洲 中華民国
 
中華人民共和国 中華民国
台湾
* 中国の歴史年表
* 朝鮮半島を中国とみなす記述
Portal:中国

(しょく、拼音:Shŭ、221年 - 263年)は、中国三国時代劉備が巴蜀の地(益州)に建てた国。

蜀はと共に三国時代を形成した一国である。巴蜀(現在の四川省湖北省一帯)を領土とし、成都を都に定めた。実際には魏の文帝曹丕後漢を滅ぼして即位した時に、の正統を継ぐものとしたため、が正式な国号である。あるいは蜀漢という呼称は、後世の人々が統一王朝であった漢との区別のため便宜上つけたものである。また、季漢(季は末っ子の意味)と称することもあった。

目次

歴史

劉備時代

208年、劉備は孫権と同盟を結んで赤壁の戦い曹操を破り、209年、孫権とともに荊州を攻め、荊州の4を制圧し、支配下に収めた。当初は荊州刺史劉表の子の劉琦を擁立したが、その死後は劉備がその後継者を自称し、孫権からその立場を承認させ、210年には荊州の南郡を譲られた。

212年から214年にかけて、劉備は劉璋の配下の張松法正らの手引きで、劉璋から領土を奪い、益州の大半を奪った(入蜀)。

215年、孫権と領土のことで係争となり、荊州南部の郡の大半を孫権に割譲した。

219年、劉備は漢中を守備している夏侯淵を討ち取り(定軍山の戦い)、曹操から漢中郡を奪って漢中王になった。劉備の配下の関羽は荊州方面から曹操領に侵攻したが、曹操と密かに同盟を結んだ孫権に荊州を攻撃され、荊州は失陥し、関羽は捕虜となり孫権に処刑された。

220年曹丕が後漢を廃し、魏の皇帝となると、221年、劉備は対抗して漢(蜀)の皇帝となった。諸葛亮らに蜀の法律である蜀科を制定させ、法制度を充実させた。さらに劉巴の提案に従い、新しい貨幣を作り、貨幣制度を整備した。益州は鉱物資源が豊富で塩を産出したため、劉備は塩と鉄の専売による利益を計り塩府校尉(司塩校尉)を設置し、塩と鉄の専売により国庫の収入を大幅に増加させた。

222年、荊州奪還と関羽の仇討ちのため呉を攻めるも大敗した(夷陵の戦い)。同年、劉備は孫権と和睦を結んだ。

223年、劉備は諸葛亮に後事を託して死去した。後に昭烈帝とされた。

劉禅時代

劉備の亡き後は子の劉禅が後を継ぎ、諸葛亮が丞相として政務を執った。益州南部で雍闓高定らが反乱を起こしたが、諸葛亮・李恢らは225年に益州南部四郡を征討して反乱を平定し、南方の異民族を信服させた。

その後、諸葛亮は魏に対しては、劉備の遺志を継ぎ北伐を敢行した。この北伐の出師にあたり、諸葛亮が劉禅に奏じた『出師の表』は、当時から現代に至るまで名文として非常に高く評価されている。228年、魏の天水・南安・安定の3郡を奪うが、先鋒の馬謖が軍令無視により街亭にて張郃に敗北した(街亭の戦い)。天水・南安・安定の3郡は張郃らに奪い返された。諸葛亮は軍律を模範的に遵守せざるを得ない立場であったため、自身の愛弟子である馬謖を処刑した。これが有名な故事泣いて馬謖を斬る」である。229年、魏の武都・陰平の2郡を奪った。その後も祈山周辺において魏との攻防が続き、宿敵の張郃を射殺したが、234年に諸葛亮が五丈原において病に倒れ、陣中で死去した(五丈原の戦い)。

その後は蒋琬費禕らが政務を担当、大々的な北伐も影を潜め、内政の充実に努めることとなる。244年、魏の曹爽夏侯玄郭淮らが侵攻して来たが、王平・費禕らが撃退した。

費禕の死後、姜維陳祗らが国政を執ったが、255年に北伐で魏に大勝したものの、256年段谷の戦いの敗戦や相次ぐ北伐で蜀は疲弊した。258年に宦官の黄皓が政治権力を握り、黄皓を重用した劉禅の悪政により、宮中は乱れ国力は大いに衰退した。

そして263年、魏の実権を握っていた司馬昭が蜀討伐を命令する。姜維らは剣閣で魏軍に抵抗したが、対峙している間に別働隊が迂回して蜀の地へ進入、綿竹で呉の援軍が到着する前に諸葛瞻が討ち取られた。この知らせを聞いた劉禅は、魏軍が成都に迫る前に降伏、蜀は三国の中で最も早く滅亡した(蜀漢の滅亡)。その後、成都で起こった反乱で皇太子劉璿が殺害されるなどの混乱があったものの、劉禅は魏・両朝で「安楽公」に封じられて天寿を全うした。

陳寿によれば、蜀は歴史を編纂する役人(史官)を(ほとんどの期間)置いておらず、魏や呉に比べ蜀の歴史は後世にあまり伝わらなかったようである。

蜀漢正統論と三国志演義

蜀(蜀漢)は健在していた頃から道義的に素晴らしいと自国他国を問わず認められることが多く[1]、滅亡してからも人気が高く、習鑿歯らによる蜀漢正統論が沸き起こり、小説『三国志演義』により不動の人気を得た。

蜀(蜀漢)は、多くの『演義』関連の創作において主人公格である劉備が建国したことや、群臣に諸葛亮関羽張飛趙雲馬超などの人気の高い武将が集まっていることから、特別視されることも多いが、実際には三国の中で最も国力がなかった。

歴代皇帝

昭烈帝(劉備)
諡号 (通称) 姓名 在位 元号
昭烈帝 先主 劉備 221年 - 223年 章武 221年-223年
(思公) 後主 劉禅 223年 - 263年 建興 223年-237年

延熙 238年-257年
景耀 258年-263年
炎興 263年

なお、先主・後主という呼び名は、『三国志』が立脚する、魏を正統として蜀を正統と認めない立場からのものである。呉の皇帝は「孫権」のように呼び捨て扱いであるが、これは『三国志』を著した陳寿が蜀の出身であるため、扱いに差が出たと言われる。

脚註

  1. ^三国志張昭

関連文献

今日は何の日(5月21日

もっと見る

「蜀」のQ&A