蜂谷涼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

蜂谷 涼(はちや りょう、1961年 - 、女性)は北海道小樽市出身・在住の小説家である。

人物[編集]

北海道小樽潮陵高等学校小樽商科大学短期大学部を卒業。当初は脚本家を志し、シナリオ作家協会主催シナリオ講座研修科を修了。上京してコピーライターを経験する。1990年、「銀の針」で第11回読売ヒューマン・ドキュメンタリー大賞カネボウスペシャル佳作となり、作家デビュー[1]

1994年に「分別回収」で第79回文學界新人賞1997年に「煌浪の岸」で第3回小説新潮長編小説新人賞共に最終候補となった。1997年小樽に帰郷。2006年に出版された「てけれっつのぱ」(柏艪舎)は2008年劇団文化座で舞台化され、同年文化庁芸術祭大賞を受賞した。それ以降は主に時代小説を中心に執筆している。

2008年には「小樽ふれあい大使」に任命された[2]

2011年1月15日3月27日小樽文学館にて企画展「蜂谷涼展―明治小樽女性気質」が開催された。2014年10月より北海道文化放送番組審議会委員。

北海道を中心に作家だけでなく、テレビ・ラジオでも活躍している。

作品リスト[編集]

  • 『煌浪の岸』(1998年/読売新聞社
  • 『海明け』(2001年/講談社
  • 『ちぎり屋』(2002年/読売新聞社)
  • 『煙波』(2003年/講談社)
  • 『蛍火』(2004年/講談社)のち文春文庫
  • 『小樽ビヤホール』(2004年/講談社文庫)
  • 『雪えくぼ』(2006年/新潮社)のち文庫
  • 『てけれっつのぱ』(2006年/柏艪舎)
  • 『へび女房』(2007年/文藝春秋)のち文庫
  • 『舞灯籠 京都上七軒幕末手控え』(2010年/新潮社)
  • 『夢の浮橋』(2011年/文藝春秋)
  • 『おネエさまの秘め事』(2011年/柏艪舎)
  • 『はだか嫁』(2012年/文春文庫)
  • 『月影の道―小説・新島八重』(2012年/文春文庫)
  • 『修羅ゆく舟』(2012年/新潮社)
  • 『落ちてぞ滾つ』(2013年/柏艪舎)
  • 『いとど遙けし』(2015年/柏艪舎)

出演番組[編集]

脚注[編集]