蜂須賀重隆

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 
蜂須賀重隆
時代 江戸時代中期
生誕 享保15年(1730年
死没 天明7年12月19日1788年1月26日
改名 和十郎(幼名)、隆興(初名)、重隆
別名 帯刀(通称
官位 従四位下内匠頭
阿波徳島藩世嗣
氏族 蜂須賀氏
父母 蜂須賀隆寿、吉成氏
蜂須賀宗鎮
兄弟 重隆、千姫ら
早川包由娘
八重、喜憲隆穀
テンプレートを表示

蜂須賀 重隆(はちすか しげたか)は、江戸時代中期の阿波国徳島藩の世嗣。通称は帯刀。官位従四位下内匠頭

生涯[編集]

阿波富田藩世嗣だった蜂須賀隆寿(5代藩主蜂須賀綱矩の三男)の次男として誕生。母は吉成氏。幼名は和十郎、初名は隆興(たかおき)。

従兄弟で世嗣だった重矩寛延4年(1751年)に早世したため、代わって8代藩主・蜂須賀宗鎮の養子に迎えられ嫡子となる。

宝暦2年(1752年)に徳川家重に拝謁し叙任、偏諱を受けて重隆と改名するが、翌宝暦3年(1753年)に廃嫡された。代わって、宗鎮の実弟・至央が嫡子となった。天明7年(1787年)、58歳で没した。

系譜[編集]

参考文献[編集]

  • 『蜂須賀家記』