蜷川元勝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
 
蜷川元勝
時代 安土桃山時代 - 江戸時代
生誕 天正18年(1590年
死没 寛永4年8月7日1627年9月16日
改名 蜷川宮福(幼名)→蜷川元勝→蜷川就親
別名 通称:新三郎→右衛門→四郎左衛門
主君 毛利輝元秀就
長州藩
氏族 物部氏蜷川氏
父母 父:蜷川元親 母:佐世元嘉の娘
就之

蜷川 元勝(にながわ もとかつ)は、安土桃山時代武将毛利氏家臣長州藩士。

生涯[編集]

天正18年(1590年)、毛利氏家臣の蜷川元親の子として生まれる。

文禄元年(1592年)から始まる文禄の役で輝元に従って朝鮮へ渡海した父・元親が、文禄2年(1593年)に戦死したため、元親に与えられていた336石余の地と家督は、文禄3年(1594年4月1日に5歳の元勝が相続した。なお、元勝が幼少であったことから、文禄2年(1593年)9月11日に輝元は元勝の母方の祖父である佐世元嘉に書状を出し、元親の跡目は元親に継がせるので、後家となった元嘉の娘に言い聞かすよう伝えている。

慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いの後に毛利氏が2ヶ国に減封されると、元勝の知行も336石余から200石に減らされた。

慶長9年(1604年3月3日、輝元の加冠を受けて元服し、「元」の偏諱を受けて「蜷川新三郎元勝」と名乗る。また、慶長14年(1609年12月30日には「右衛門」、元和4年(1618年)には「四郎左衛門尉」の官途名毛利秀就から与えられた。

寛永4年(1627年8月7日に38歳で死去。家督と200石の知行地は、寛永6年(1629年)に子の就之が8歳で相続した。

参考文献[編集]