蜷川有紀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
にながわ ゆき
蜷川 有紀
蜷川 有紀
ライセンス・オユキボー・オフィス
本名 蜷川 さつ子(にながわ さつこ)
別名義 水野 さつ子(旧芸名)
生年月日 (1960-08-18) 1960年8月18日(58歳)
出生地 日本の旗 日本神奈川県横浜市
血液型 A型
職業 画家、 女優
活動期間 1978年 -
配偶者 猪瀬直樹(2018年 - )
著名な家族 水野陽美(父)、蜷川みほ(妹)
水野富美夫(伯父)、蜷川幸雄(叔父)、蜷川実花(従妹)
事務所

オユキボー・オフィス

提携・オスカープロモーション
公式サイト 蜷川有紀公式ホームページ
主な作品
映画
狂った果実』『ひめゆりの塔
もどり川』『人でなしの恋
テレビドラマ
拳骨にくちづけ』『イエスの方舟
鬼龍院花子の生涯

蜷川 有紀(にながわ ゆき、1960年8月18日 - )は、日本の女優、画家、映像作家。

2008年度情報文化学会・芸術大賞受賞。(財)全国税理士共栄会文化財団評議員、芸術活動分野選考委員、青森県立美術館アドバイザー、InnovativeTechnologies特別賞選考委員(経済産業省)等として多くの文化活動にも貢献している。

来歴・人物[編集]

父は詩人の水野陽美。妹は女優の蜷川みほ。伯父は、画家の水野富美夫。叔父は演出家蜷川幸雄。従妹は、写真家の蜷川実花

本名・蜷川 さつ子神奈川県横浜市出身。

1978年つかこうへい構成・演出『サロメ』(西武劇場)にて、3,000人の応募者の中から選ばれ主役でデビュー(当時の芸名は水野さつ子)。1980年には『忍者武芸帖 百地三太夫』(東映)のヒロインおつう役で映画デビューし、翌年には『狂った果実』(にっかつ)で主演。以降、映画『ひめゆりの塔』『もどり川』『人でなしの恋』やTV『鬼龍院花子の生涯』など出演作多数。

舞台では『仮名手本忠臣蔵』『にごり江』などさまざまな異色の作品に出演し、確実な演技で評価を得る。その他、映画・テレビ・舞台で活躍。女優業だけに留まらず、自ら創造活動に進出し、2004年には、鈴木清順原案の短編映画『バラメラバ』を監督・脚本・主演。『バラメラバ』小説&DVDを上梓。

2006年より女優業を休業し、画家として活動している。2008年、東急Bunkamuraギャラリーにて絵画展『薔薇めくとき』を開催。同年度情報文化学会・芸術大賞受賞。以降毎年個展を開催。その他、テレビ東京開局45周年番組『寧々〜おんな太閤記』タイトル画、倉橋由美子没後十年『最後の祝宴』の表紙画など、岩絵の具で描き上げた作品を発表している。

2017年蜷川有紀絵画展『薔薇の神曲』パークホテル東京ではダンテの『神曲』時獄篇をテーマにした縦3メートル、横6メートルの超大作『薔薇のインフェルノ』を発表しアートイベントとして異例の成功を収めた。

また、日本文化デザインフォーラム幹事 、(財)全国税理士共栄会文化財団評議員、芸術活動分野選考委員、InnovativeTechnologies特別賞選考委員(経済産業省)、青森県立美術館アドバイザー等として多くの文化活動にも貢献している。

2016年10月には猪瀬直樹との交際が明らかとなり、2018年4月には婚約が発表され[1]、12月下旬に結婚した[2]

2018年、猪瀬との共著「ここから始まる 人生100年時代の男と女」(集英社)を上梓。

絵画展[編集]

  • 2008年 『薔薇めくとき』 - Annversary 30th as an actress- 渋谷東急Bunkamura Gallery 情報文化学会・芸術大賞受賞。
  • 2010年 『薔薇まんだら』- 上野松坂屋デパートメントストア100周年記念-  上野松坂屋/大丸心斎橋店イベントホール
  • 2012年 『薔薇都市』渋谷東急Bunkamura Gallery
  • 2013年 『薔薇迷宮』上野松坂屋/大丸心斎橋店イベントホール
  • 2014年 『薔薇の旅人』-Bunkamura 25周年記念-  渋谷東急Bunkamura Gallery
  • 2015年 『薔薇のアンドロギュノス』名古屋松坂屋 美術画廊
  • 2017年 『薔薇の神曲』パークホテル東京

受賞歴[編集]

出演[編集]

舞台[編集]

  • 1978年 ロックオペラ『サロメ』(演出:つかこうへい)西武劇場 主演・サロメ 役
  • 1985年『恐怖時代』(演出:蜷川幸雄)日生劇場 おゆら 役
  • 1985年『碧い彗星の一夜』(演出:竹内銃一郎)本多劇場 主演
  • 1988年10月~12月『仮名手本忠臣蔵』(演出:蜷川幸雄)新神戸オリエンタル劇場 おかる 役
  • 1991年『仮名手本忠臣蔵』(演出:蜷川幸雄)帝国劇場
  • 1992年『お富与三郎・恋しぐれ』(演出:戌井市郎)京都南座
  • 1994年『にごり江』(演出:蜷川幸雄)大阪近鉄劇場
  • 1994年『オセロー』(演出:蜷川幸雄)日生劇場
  • 1995年『水戸黄門』(演出:市川正明治座
  • 1995年『新・刀化粧』(演出:田中林蔵)劇場飛天
  • 1995年『新・刀化粧-恋炎の如くありしか』(演出:田中林蔵)新橋演舞場
  • 1996年『おのぶの嫁入り』(演出:中川寿夫)京都南座
  • 1996年『喜劇・帝国こころの妻』(演出:金盾進)大阪近鉄劇場
  • 1996年『付き馬屋おえん』(演出:金子良二)明治座
  • 1997年『ちゃんばら行進曲』(演出:山城新伍・大久保昌一郎)京都南座
  • 1997年『大石内蔵輔』(演出:杉山義法・金子良二)新橋演舞場
  • 1998年『恋山彦』(演出:田中林蔵)新橋演舞場
  • 1998年『付き馬屋おえん』(演出:金子良二)京都南座
  • 1998年『命燃えて』(演出:西川信廣)新橋演舞場
  • 1998年12月『にごり江』(演出:蜷川幸雄)帝国劇場
  • 1999年『みだれ髪』(演出:木村光一)新橋演舞場
  • 2000年『男を金にする女』(演出:石井ふく子)京都南座
  • 2001年『新・恋山彦』(演出:田中林蔵)新橋演舞場
  • 2003年『罠』(演出:高橋雅也)五五の会

映画[編集]

テレビドラマ[編集]

オリジナルビデオ[編集]

ラジオドラマ[編集]

  • FMアドベンチャー 「死ぬには手頃な日」(1985年、NHK-FM
  • カフカズに星墜ちて(1985年、NHK)

バラエティ[編集]

  • 『世界ごちそうさま』(1987年、日本テレビ・レギュラーレポーター)

CM[編集]

  • PARCO(1978年)
  • 三松(1978年)
  • 花王(1983年)
  • サントリー BOSS(1998年)
  • 東芝 Dynabook(2000年)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “69歳猪瀬直樹・元東京都知事が女優と「週末婚」 お相手は… 週刊新潮が報じる”. 産経ニュース. (2016年10月20日). http://www.sankei.com/politics/news/161020/plt1610200011-n1.html 2019年3月22日閲覧。 
  2. ^ “猪瀬直樹元東京都知事が女優で画家の蜷川有紀と再婚”. 日刊スポーツ. (2019年1月1日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201901010000436.html 2019年3月22日閲覧。