蜷川正大

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

蜷川 正大(にながわ まさひろ、1951年3月21日[1] - )は日本の民族派運動家。元大悲会会長。21世紀書院代表。

横浜市生まれ。野村秋介の門下生となり、後に大悲会を引き継いだ。1987年、中台一雄、針谷大輔住友不動産会長の安藤太郎宅を襲撃し逮捕。同事件により、1987年6月9日東京地裁から住居侵入監禁などで懲役3年(求刑同4年)の実刑判決を受ける[2]

週刊新潮赤報隊誤報事件では犬塚博英木村三浩と抗議した。

ネット右翼には批判的である。(『右翼の言い分』、別冊宝島のインタビューより) 村井刺殺事件の実行犯、徐裕行を支援している。

参考文献[編集]

脚注[編集]

  1. ^ http://tendensha.co.jp/syakai/syakai392.html
  2. ^ 堀幸雄『最新右翼辞典』311頁