蝕める春

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索

蝕める春』(むしばめるはる)は、1931年に『婦人倶楽部』で連載された菊池寛の小説、およびそれを原作として1932年日本で公開された映画

映画[編集]

蝕める春
監督 成瀬巳喜男
脚本 小田喬
原作 菊池寛
出演者 若水絹子、逢初夢子水久保澄子
撮影 猪飼助太郎
製作会社 松竹キネマ
公開 日本の旗 1932年5月27日
上映時間 154分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

ストーリー[編集]

スタッフ[編集]

キャスト[編集]