蝙蝠を撃て!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
蝙蝠を撃て!
ジャンル 政治
漫画
原作・原案など 雁屋哲
作画 シュガー佐藤
出版社 株式会社金曜日
掲載誌 週刊金曜日
発表号 1997年2月21日号 - 1998年5月1日号
発表期間 1997年 - 1998年
話数 30
その他 未単行本化
テンプレート - ノート
プロジェクト 漫画
ポータル 漫画

蝙蝠を撃て!』(こうもりをうて!)は、原作:雁屋哲、作画:シュガー佐藤による日本漫画作品。1997年平成9年)から1998年(平成10年)にかけて『週刊金曜日』に連載。単行本化はされていない。

概要[編集]

喫茶店を舞台にして、店主と2人の大学生が保守派の言論人について批判的に会話する。週刊誌の編集者や書店の店主も会話に参加する。

保守派の言論人を名指しで攻撃した内容から「左翼ゴーマニズム宣言」と言われる[1][2]

登場人物[編集]

荻野朔次
55歳。喫茶店「木の実」店主。
赤池一郎
21歳。大学生。
白木遊美
21歳。大学生。帰国子女。
水野祥子
33歳。『週刊言論』編集者。
久田修
50歳。書店「かみうお屋」店主。

書誌情報[編集]

書誌情報
話数 タイトル 回数 発行日付
第1話 プロローグ 1 1997年2月21日
第2話 プロローグ 2 1997年2月28日
第3話 江藤淳 その1 1997年3月7日
第4話 江藤淳篇 その2 1997年3月14日
第5話 江藤淳篇 その3 1997年3月21日
第6話 江藤淳篇 その4 1997年3月28日
第7話 江藤淳篇 その5 1997年4月4日
第8話 西部邁 その1 1997年5月9日
第9話 西部邁篇 その2 1997年5月16日
第10話 西部邁篇 その3 1997年5月23日
第11話 西部邁篇 その4 1997年5月30日
第12話 渡部昇一 その1 1997年6月27日
第13話 渡部昇一篇 その2 1997年7月4日
第14話 渡部昇一篇 その3 1997年7月11日
第15話 渡部昇一篇 その4 1997年7月18日
第16話 西尾幹二 その1 1997年8月22日
第17話 西尾幹二篇 その2 1997年8月29日
第18話 西尾幹二篇 その3 1997年9月5日
第19話 西尾幹二篇 その4 1997年9月12日
第20話 西尾幹二篇 その5 1997年9月19日
第21話 藤岡信勝 その1 1997年10月24日
第22話 藤岡信勝篇 その2 1997年10月31日
第23話 藤岡信勝篇 その3 1997年11月7日
第24話 藤岡信勝篇 その4 1997年11月14日
第25話 藤岡信勝篇 その5 1997年11月21日
第26話 上坂冬子曽野綾子 その1 1998年4月3日
第27話 上坂冬子、曽野綾子篇 その2 1998年4月10日
第28話 上坂冬子、曽野綾子篇 その3 1998年4月17日
第29話 上坂冬子、曽野綾子篇 その4 1998年4月24日
第30話 上坂冬子、曽野綾子篇 その5 1998年5月1日

反響[編集]

中宮崇はタイトルの「蝙蝠」とは週刊金曜日ブラックリストに載ったり同誌の読者が恐れ嫌う自由主義史観[3]反知性主義者歴史修正主義者ネット右翼といった層を意味してそれら左翼が気に食わない人物たちを悪意に満ちたえげつない者として描き、潰していこうとするのが本作の主旨で[3][4][5]、登場人物は原作者が同じ『美味しんぼ』の山岡士郎と違って善良そうなため「この顔でこんな事言うのかい」と違和感を覚えるだろうと考え[3]、第3話において江藤淳は黒く尖った耳、真っ黒でグロテスクなコウモリ姿で描かれ[3]、それに対して荻野が「親玉といっても所せんは蝙蝠の親玉だ」と言い[3]、それに続いて「若手が彼の周囲に群がっている」「蝙蝠だけあって群れるのだね」「程度の低い連中ほどすぐ群れたがるのよ」「優れた者がいないところでは下らない人間が偉そうに幅を利かせているってことね」[3]などお互い洗脳し合って、選民意識に凝り固まった罵倒が飛び交い、今後取り上げるコウモリより江藤は数段上だと一旦持ち上げてから「衰えが酷い」などボケ老人扱いをして攻撃相手がいかにくだらない相手かと読者に刷り込ませていると指摘[3][5][6]、雁屋は荻野の口を借りて「江藤淳は国民のことなんかどうでもいい『天皇は神聖にして不可侵』という非合理で抑圧的な思想を背景に軍隊・憲兵、特高警察が国民を暴力で支配した戦前のあの暗黒時代に日本を戻したいのだ」と断言[3]したことに対してはこれの根拠となった江藤の文章を示して[* 1]よくもこれだけ曲解できるもので、水野は「日本を守るためにはこの蝙蝠どもを追い這わなければ駄目ね」とジャーナリストである彼女が組み伏せるではなく追い払うという言論で相手を説得しようとする態度を最初から放棄しているのはまさに雁屋のブログなどでの態度そのものであると批判している[3][5][6]

参考文献[編集]

  • 高沢秀次「雁屋哲「江藤淳批判」漫画の薄っぺら--「美味しんぼ」原作者の迷走」『諸君!』第29巻第6号、文藝春秋、1997年6月、 pp. 44-51、 ISSN 0917-3005

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 「日本人にとって本当に大事なものは皇室であり、いざという時に即応して危機に立ち向かってくれる軍事組織であり、それをいち早く運用できる行政組織だった。ところが、そんな事は忘れてしまって、「戦後民主主義」だの平和だの、戦争反対だの戦後五十年だの、そんな事ばかりがさも人間が生きていくための一大事であるかのような風潮がこの日本を支配してきた。そして、その化けの皮が剥がれたのが、この阪神大震災という出来事だったと私は思います。」 [3]

出典[編集]

  1. ^ 唐沢俊一ほか『反日マンガの世界』晋遊舎〈晋遊舎ムック〉、2007年。ISBN 978-4-88380-624-9。
  2. ^ 唐沢俊一ほか『反日マンガの世界』晋遊舎〈晋遊舎ブラック新書〉、2008年。ISBN 978-4-88380-776-5。
  3. ^ a b c d e f g h i j 中宮崇 (1997年4月14日). “『週金』を撃つ!”. 週刊言志人. 2011年1月10日閲覧。
  4. ^ 中宮崇「シリーズ 第11回「雁屋哲」美味しんぼ原作者 日本虚人列伝」『正論』、産経新聞社、2017年8月、 pp.121-122。
  5. ^ a b c “【月刊正論8月号】 鼻血の「福島の真実」は問題作 美味しんぼ原作者の雁屋哲さん グルメ漫画で庶民を断罪して悦に入る? 中宮崇(3/7ページ)”. 産経新聞. (2017年7月2日). https://www.sankei.com/premium/news/170702/prm1707020007-n3.html 2019年8月5日閲覧。 
  6. ^ a b 中宮崇「シリーズ 第11回「雁屋哲」美味しんぼ原作者 日本虚人列伝」『正論』、産経新聞社、2017年8月、 p.122。