螢 (村上春樹)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動: 案内 検索

』(ほたる)は、村上春樹短編小説

概要[編集]

初出 中央公論』1983年1月号
収録書籍 螢・納屋を焼く・その他の短編』(新潮社、1984年7月)

本作は長編小説『ノルウェイの森』の第二章および第三章の下敷きとなった。

英訳[編集]

タイトル Firefly
翻訳 フィリップ・ガブリエル
初出 Blind Willow, Sleeping Woman』(クノップフ社、2006年7月)

あらすじ[編集]

1967年の春から翌年の秋にかけて、「僕」は文京区にある学生寮の二人部屋に住んでいた。病的なまでに清潔好きな同居人[1]のおかげで、部屋の床はちりひとつなく、灰皿はいつも洗ってあった。

5月の日曜日の午後、「僕」は中央線の電車の中で高校時代の友人の恋人と偶然出会う[2]。彼女は東京の郊外にある女子大に入学していた。

友人の死後、「僕」の中にぼんやりした空気のようなものが残り、それは時が経つにつれ形をとりはじめた。死は生の対極としてではなく、その一部として存在している。僕はこの言葉をひとつの空気として身のうちに感じた[3]

年が明けて6月に彼女は二十歳になった。誕生日の日の夜、「僕」は彼女と寝る。彼女に長い手紙を書くと、7月の始めに返事が届いた。「大学をとりあえず一年間休学し、京都の山の中にある療養所に落ちつくことにします」とそこには書かれてあった。

7月の終り、インスタント・コーヒーの瓶に入れたを「僕」は同居人から受け取る。「僕」は夕暮、その瓶を持って寮の屋上に上がった。右手には新宿の街が、左手には池袋の街が見えた。瓶の底で、螢は微かに光っていた。

脚注[編集]

  1. ^ 『ノルウェイの森』では「突撃隊」というあだ名がついていたが、本作では単なる「同居人」と記されている。
  2. ^ 寮の同居人と同様、本作では友人もその恋人も名前を与えられていない。『ノルウェイの森』では「キズキ」、「直子」。
  3. ^ 村上は1981年に発表した『八月の庵―僕の「方丈記」体験』というエッセイの中で、小学生の頃、父親に連れられて行った松尾芭蕉の庵の思い出を語っているが、そこにこういう記述がある。「死はそれまでの僕の生活にほとんど入り込んでこなかった。(中略) しかしその庵にあっては、死は確実に存在していた。それはひとつの匂いとなり影となり、夏の太陽となり蟬の声となって、僕にその存在を訴えかけていた。死は存在する、しかし恐れることない、死とは変形された生に過ぎないのだ、と。」

関連項目[編集]